失調症の陽性症状

8 の用例 (0.00 秒)
  • 中脳辺縁系の遮断作用が統合失調症の陽性症状の改善に効果がある。
  • これは統合失調症の陽性症状である作為体験の一種で、させられ思考とも呼ばれる思考干渉・思考吹入・思考奪取に当たる。
  • 臨床試験においては、僅かに統計的優位性までには至らないものな、統合失調症の陽性症状及び陰性症状の治療にある程度の効果を持つ可能性が示された。
  • なお、自閉症の症状が後天的に発現した場合は統合失調症の陽性症状の疑いが考えられるが、日本に於いては多くの場合は自閉症と誤診される。
  • 統合失調症の陽性症状を改善するのはドーパミンD 2 受容体拮抗作用をもつ抗精神病薬であるとされている。
  • 彼女はDSM-IIIとDSM-IVの両方の特別委員会に参画し、統合失調症の陽性症状と陰性症状の評定に広く用いられる最初の尺度を開発して、疾病分類学と現象学に貢献した。
  • 脳の中枢に直接作用して、ドパミンD 2 受容体拮抗作用・セロトニン5-HT 2 受容体拮抗作用により統合失調症の陽性症状及び陰性症状を改善する作用がある。
  • 脳の中枢に直接作用し、ドパミンD 2 受容体拮抗作用ならびにセロトニン5-HT 2A 受容体拮抗作用により、統合失調症の陽性症状及び陰性症状を改善する作用がある。