失調

全て 名詞
1,053 の用例 (0.01 秒)
  • 統合失調症はその複雑な症状のため、殆ど理解されていない病気である。
  • 統合失調症の患者の八割程度が良くなると記述してある出版物もある。
  • 統合失調症の症状と気分障害の症状の両方が同時に現れるのが特徴である。
  • 地球に残されていた人たちは、突然の頭痛から精神失調を起こしていた。 遠藤雅伸『小説 ゼビウス』より引用
  • 心気症や強迫性障害とも関連しており、統合失調症に移行する例もある。
  • 小脳失調を考える上で理解する必要がある小脳の運動機能は2つである。
  • オランザピンは日本国内では統合失調症治療薬として承認されている。
  • 統合失調症を患っている人では精神病症状を悪化と関連があると思われる。
  • 統合失調症にしても左右脳のバランスが崩れているせいだという説がある。 澤口俊之『あぶない脳』より引用
  • 統合失調症の治療薬として多く用いられているものの一つである。
  • ペロスピロンは日本国内で統合失調症治療薬として承認を受けている。
  • 妄想、幻覚、攻撃的になるなど統合失調症様症状がみられることがある。
  • その結果、統合失調症患者では、白質が大きく減少していることが分かった。
  • 統合失調症の患者にみられる言語障害に似ていることから、この名がつけられた。
  • 小林の統合失調症発病後も交流を続け、前述の著作に文章を寄稿している。
  • めまい、麻痺が認めなければ運動失調によるものと考えることができる。
  • 統合失調症のように、自分が何を述べているかも明確に認識していない場合もある。
  • もし用いても2年以上の持続と、統合失調症でないことが必要である。
  • 中脳辺縁系の遮断作用が統合失調症の陽性症状の改善に効果がある。
  • しかし統合失調症の患者が必ずしもこのような画調の変化を起こすわけではない。
  • 次へ »