失脚

全て 名詞
3,519 の用例 (0.02 秒)
  • 三浦先生が失脚したころ彼はもう銀行家としてかなり手腕を発揮していた。 平岩弓枝『黒い扇』より引用
  • 激情からの非礼によって、自らを失脚させた者は数知れずいるのである。 田中芳樹『タイタニア1 疾風篇』より引用
  • 王党派はもはやパリでは存在を許されず、フイヤン派は完全に失脚した。
  • その後は1907年の失脚まで政治にかかわる事はほとんどなくなった。
  • 大納言様を失脚させようと云うあいつの利己主義がやり始めたことなんだ。 加藤道夫『なよたけ』より引用
  • これにより、ボッシは同盟内で事実上の失脚に追い込まれる形となった。
  • その頃物理の畏敬いけいすべき先輩が恋愛事件で失脚されたことがあった。 中谷宇吉郎『寺田先生の追憶』より引用
  • 天保の改革が失敗に終わり、兄が失脚した後も政治的命脈を保ち続けた。
  • 赤玉先生の失脚劇には、私も一枚噛んでいたので、責任を感じていた。 森見登美彦『有頂天家族』より引用
  • 最初、ナルディアは自分の失脚しっきゃくを狙って仕掛けてきたわなだと考えていた。 水野良『ロードス島戦記 2 炎の魔神』より引用
  • 田沼の失脚後から既に悪評が出ており、これは明治以降も引き継がれた。
  • そしてその内になんと、雄大の方が先に失脚して会社を去ることになった。 柴田よしき『Close to You』より引用
  • 満寵とは意見が対立したため、その失脚を狙ったが失敗したという。
  • 意知の死後に失脚して隠居した意次の跡は、意知の長男・意明が継いだ。
  • このような親堅の失脚につれて元の宗麟夫人もまたその収入や勢力を失った。 和辻哲郎『鎖国日本の悲劇 (後編)』より引用
  • 成功した政治家が、つぎからつぎと失脚していく悲劇の原因はどこにあるのか。 ラッセル/日高一輝訳『幸福の獲得について』より引用
  • 性的スキャンダルで失脚した人物というのは時代を問わず存在したのである。 宇神幸男『神宿る手』より引用
  • 私がサイゴンにいた当時、将軍はもう失脚し、昔日の権勢を失っていた。 近藤紘一『サイゴンから来た妻と娘』より引用
  • この時期に景義らが何らかの事件により失脚した可能性が高いと想定される。
  • 事件に関連したとされる強硬派の軍人・商人・僧侶そうりょも多数失脚、逮捕たいほされた。 浅井ラボ『されど罪人は竜と踊る』より引用
  • 次へ »