夭折

全て 名詞
1,090 の用例 (0.01 秒)
  • 数々の優れた録音を残したが、38歳の若さでエイズのために夭折した。
  • 彼の夭折を伝える一組の奉神礼書によってその存在が明らかになった。
  • 森の夭折は、陸上競技界のみならずスポーツ界全体に大きな衝撃を与えた。
  • 兄が夭折していたことから、幼くしてコハーリ家の女子相続人となった。
  • 兄・正邦の死により嫡子となったが、家督を相続することなく夭折した。
  • 一人は夭折したが、三人はもう大きくなって長男は高等学校へ入っても居る。 豊島与志雄『過渡人』より引用
  • すぐ上のふたりの兄は夭折したが、そのうちのひとりも名がトマスだった。
  • 彼と妹のハンナだけが成人し、他の兄弟は子供の時に黄熱病で夭折した。
  • 長男の頼羆と次男の頼篤は夭折していたため、三男の頼亮が跡を継いだ。
  • 元融の実子元甫を養子としたが、この三代元甫までもが夭折してしまう。
  • しかもこの数年前に姉が夭折していたため、幼児期は可愛がられたという。
  • 勇司が夭折ようせつした直前、深夜突然数人のソ連兵に襲われたことがあった。 高杉良『勇気凜々』より引用
  • 長熙が大殿として後見したが10歳で夭折し、弟の長旧が家督相続した。
  • 父王には嫡男がなく、彼女以外の嫡出子も夭折したため、王位についた。
  • すぐ上の姉カロリーネが夭折したため、実質的に四人姉妹の次女であった。
  • 正治には兄一人、妹二人があったが、薄幸にも三人とも夭折してしまった。 小堺昭三『カメラマンたちの昭和史(1)』より引用
  • この後義満との間には宝幢若公が産まれたが、こちらは2年で夭折した。
  • 彼は夭折ようせつした次男洋二をふくめて七人の子供のすべてを愛していた。 豊田穣『松岡洋右――悲劇の外交官――(下)』より引用
  • 夭折した俳優ジェームズ・ディーンの没後50年を記念して製作された。
  • 後漢の第4代皇帝和帝は多くの皇子をもうけたが、いずれも夭折していた。
  • 次へ »