夫の単身赴任

8 の用例 (0.00 秒)
  • 職場では、私は夫の単身赴任を誰にも語ってはいなかった。 沖藤典子『転勤族の妻たち』より引用
  • そして夫の単身赴任中に妻は道浦の好みを忘れてしまった。 森村誠一『殺人の赴任』より引用
  • ともあれ、新婚一年というのに、夫の単身赴任の報を受けてまゆも動かさない。 森村誠一『分水嶺』より引用
  • 夫の単身赴任は二十年近く続いた。 沖藤典子『転勤族の妻たち』より引用
  • しかし「対象が失われる」とは死だけではなく、存在が遠くなる、つまり恋人との別れや夫の単身赴任といったことや大事にしていた物が壊れる、楽しみにしていた行事が無くなるといったことも含まれる。
  • 久野静子も夫の単身赴任中の息子の変化に驚き、父親不在の影響かと神戸行きを決心するが、私もまた別居中は、子供や日常生活に何かのかげがさすと、これも父親がいないための悪影響ではないかと恐れた。 沖藤典子『転勤族の妻たち』より引用
  • そして、夫の単身赴任を自分がひそかによろこんだのも、あるいははずした義歯に歯ブラシを当てたり、食事の後で茶を含んだまま、口をもぐもぐさせる姿を見なくてすむ、という気持があったせいかもしれない、と伸枝はそのとき考えていた。 勝目梓『媚薬』より引用
  • 夫の単身赴任イコール夫婦の不和、夫の浮気と結びつけて考えられることに、単身赴任の妻は抵抗感を抱き、口惜しい思いをなめる。 沖藤典子『転勤族の妻たち』より引用