太陽系外周

9 の用例 (0.00 秒)
  • 太陽系外周警備から地球に帰還する途上のヤマトから物語は始まる。
  • ストーリー冒頭部は、太陽系外周警備に出たヤマトが第11番惑星で謎の艦隊に攻撃され、謎の通信を受けて地球へ帰還せず直接発信源へと向かう展開に変更されている。
  • その進化は人類の想像を遥かに超え、バイドとの戦闘により太陽系外周警備艦隊は全滅に追いやられる。
  • エリスを発見したグループは系統的に太陽系外周部にある天体を探索しており、それまでにもクワオアーやセドナなど大型の外縁天体を発見するなど成果を挙げてきた。
  • テスト航海時、地球へ帰還した太陽系外周第3艦隊旗艦ヤマトとのニアミスを経て古代をアンドロメダへ呼び出した際には、進路変更を拒否した理由を問い質して航行進路についての不服を申し立てる彼を論破するなど、かつての宇宙戦士訓練学校校長としての威厳を見せた。
  • さらにアルタイル月面着陸機を基にしたキックモーターを用いることで、ガリレオ探査機とカッシーニ・ホイヘンス探査機を合わせたほどの重さの宇宙探査機を、直接太陽系外周部へ送り出すこともできる。
  • なお「総集編」では、メインの乗組員が全員乗り込んで太陽系外周警備に旅立つところから始まり、第11番惑星で空間騎兵隊を救助した際にテレサのメッセージを受信し、テレザート星へと向かっている。
  • 西暦2009年、その戦火は地球にも及び、ゼントラーディ軍の奇襲をうけた地球統合軍の巨大宇宙戦艦SDF-1マクロスは、脱出時の動力不調から太陽系外周部へ飛び出すこととなる。
  • 太陽系外周艦隊・第11艦隊の旗艦パトロール艦「ゆうなぎ」の艦長として第11番惑星付近のパトロールに当たっていたところ、白色彗星帝国前衛艦隊の奇襲攻撃を受けて敗北する。