太腿の内側

45 の用例 (0.00 秒)
  • 太腿の内側に彫った傷跡ではなく、ステーシーの「名前」を思い出したことに約使は驚いた。 大槻ケンヂ『ステーシー』より引用
  • 毛むくじゃらな右の太腿ふとももの内側の肉を数十グラム吹っ飛ばされた三谷は転げまわって苦しんだ。 大藪春彦『非情の女豹』より引用
  • 晴子の太腿の内側が燃えるように熱くなってきた。 坂東眞砂子『夢の封印』より引用
  • 太腿ふとももの内側はくられ、尻は馬の背骨せぼねき上げられて痛んだ。 富野由悠季『オーラバトラー戦記 01 アの国の恋』より引用
  • 男が長脇差のこじりで、お妙の太腿の内側を撫で回した。 笹沢左保『雪に花散る奥州路』より引用
  • 太腿の内側がすごい速さで汗ばむのがよく判った。 矢作俊彦『夏のエンジン』より引用
  • これが処女喪失というものかしらと思ったが、ミチカの中で初体験の証拠として定かに残ったのは、太腿の内側についたべとべとした精液だけだった。 坂東眞砂子『13のエロチカ』より引用
  • 太腿ふとももの内側にかゆみを感じた。 花村萬月『ブルース』より引用
  • ウェイト・トレーニングをやりはじめた頃では無理だったが、今となってみれば腕の筋肉をあと一センチ追加する、太腿ふとももの内側の筋肉を強化するという調節は、自動車工がオプションを車に加工するよりも自由に出来た。 中上健次『讃歌』より引用
  • カレンバッハは前に出て攻撃したが「スピードがあり、懐に飛び込んできて太腿の内側に膝蹴りなどをしてきて怖かった」という。
  • 靄がたちこめ、鳥居の太腿の内側がひゅーっとしてくる。 姫野カオルコ『ツ、イ、ラ、ク』より引用
  • 乳首を吸いながら、右手は下腹部から茂み、そして太腿の内側を撫でているが、まだ女の芯の部分を訪れてはいない。 南里征典『自由ケ丘密会夫人』より引用
  • また太腿の内側を、あの男の体液がすーっと流れ落ちていき、白石慶子は反射的に身を震わせた。 大石圭『飼育する男』より引用
  • 緊張のせいでお腹の表面に発生した汗の粒は、パンツに遮られることなく腰を通過し太腿の内側をつつつとすべり落ちて、ソックスでやっと止まるありさまだ。 桜坂洋『よくわかる現代魔法 第03巻 ゴーストスクリプト・フォー・ウィザーズ』より引用
  • 靄のなかにひとりでいるのは不安なのだが、エレベーターや車体の低い車で傾斜を下るさいの、下りかけるちょうどそのさいに、太腿の内側に感じる、あのひゅーっとした妙な甘さを、鳥居に与えた。 姫野カオルコ『ツ、イ、ラ、ク』より引用
  • 小野寺の手が太腿の内側をつたって茂みの下に送られた瞬間、あっと亜希子は悲鳴をあげ、なぜか小野寺を突き飛ばそうとした。 南里征典『成城官能夫人』より引用
  • 髪の毛をごっそりと引っこ抜いてやるのもいいし、太腿の内側や脇腹の柔らかな部分を内出血ができるほど強くつねってやるのもいい。 大石圭『殺人勤務医』より引用
  • 客はせるような息づかいをして、唇を性器から太腿の内側へ、腰へ、腋下へと移動し、ふたたび乳房を強く吸い上げた。 姫野カオルコ『変奏曲』より引用
  • アンヌ=マリーが太腿の内側を愛撫しながら言った。 レアージュ/鈴木豊訳『O嬢の物語』より引用
  • 僕はまた目をそらしかけたが、月子はかまわず丹念に洗ったあと、太腿の内側から裏側を流すべく軽く股間を開いて膝を曲げる。 渡辺淳一『シャトウ ルージュ』より引用
  • 次へ »