太腿の内側

45 の用例 (0.00 秒)
  • そして今度は、それを女の太腿の内側目がけて力まかせに振り下ろした。 大石圭『殺人勤務医』より引用
  • 手首を掴まれたまま、隅田はその太腿の内側を上下に二度程往復させた。 半村良『石の血脈』より引用
  • 女の骨盤にしかできない形で、ぺたんと太腿の内側を床につけていた。 佐藤賢一『王妃の離婚』より引用
  • 形がいい太腿ふとももの内側はジュースでバターを溶かしたように光っている。 大藪春彦『非情の女豹』より引用
  • わたしの左の太腿ふとももの内側には、ママにつねられた内出血がまだ少し残っていた。 大石圭『檻の中の少女』より引用
  • ステファン卿はおまえの両脚を大きく開かせて、太腿の内側を打ったことはないだろう? レアージュ/鈴木豊訳『O嬢の物語』より引用
  • でも女の子たちは、ふと気が付くと、じっと静かに、確かにわたしの太腿の内側を見ていた。 夏石鈴子『家内安全』より引用
  • 太腿の内側が露わになっていく。 坂東眞砂子『13のエロチカ』より引用
  • 確かこの少女の太腿の内側には、約使がつけた「マユミ」という傷跡があるはずだ。 大槻ケンヂ『ステーシー』より引用
  • 肉の落ちた太腿の内側はげっそり凹んで深い影になる。 開高健『ロマネ・コンティ・一九三五年 六つの短篇小説』より引用
  • 岸は太腿ふとももの内側をまさぐられて体を動かした。 半村良『魔女街』より引用
  • 男の放出したおぞましい液体が、太腿の内側を気持ち悪く流れ落ちる。 大石圭『飼育する男』より引用
  • 膣から流れだす熱い液体が太腿の内側を垂れていくのを感じる。 坂東眞砂子『13のエロチカ』より引用
  • 右手は下腹部から茂みに、そして太腿の内側を撫でているが、まだ女の花芯には訪れてこない。 南里征典『成城官能夫人』より引用
  • 肋骨の真下から太腿の内側まで走る、赤くくぼんだ傷痕が、彼を見上げている。 エリスン『世界の中心で愛を叫んだけもの』より引用
  • 太腿の内側を唇でイーブがなぞれば反対側の脚をそうし、舌のひらで舐めれば、舌のひらで舐める。 中上健次『讃歌』より引用
  • 吉ひとり覚醒剤かくせいざいを打っている時もあったし、ロペも太腿ふとももの内側、性器のすぐそばに打たれる時もあった。 中上健次『十九歳のジェイコブ』より引用
  • たった今、男が放出していった体液が、太腿ふとももの内側を一直線に流れ落ちる。 大石圭『飼育する男』より引用
  • ステーシーたちを識別するために、約使は彼女たちの右の太腿の内側にカッターナイフで名前を彫っていた。 大槻ケンヂ『ステーシー』より引用
  • 足を拭く男の手の指が、トシミの太腿の内側を愛撫する。 坂東眞砂子『13のエロチカ』より引用
  • 次へ »