太田正雄

全て 名詞
16 の例文 (0.00 秒)
  • 顧問の中の太田とあるのは、恐らく太田正雄こと木下杢太郎だらうと思ふ。 ...
  • らいの研究は一部は太田正雄の鶏へのらい菌の接種実験があった。 ...
  • 特に東京大学では、昭和12年から20年にかけて、ハンセン病も研究していた太田正雄教授がいた。 ...
  • 右のほかにはなお友人故太田正雄君がイタリア語訳本から重訳したフロイスの年報をも用いた。 ...
  • 太田の一族には社会運動や左翼運動に身を投じたものも多く、こうした環境下で少年期から特殊な影響を受けることを懸念した父が仙台の太田正雄東北帝国大学教授にあずけた、という。 ...
  • 東大教授でらいを研究していた太田正雄は、壮士風の傲慢な患者がこの病気が診断できないかと罵詈雑言した際に、貴方の病気はらいですと告げるとその患者はへなへなと腰がぬけたという。 ...
  • 図は「木下杢太郎」こと太田正雄氏の写生画を借りるものであるが、遺憾のことには画中に日附もなければ、場所のかき入れもない。 ...
  • 太田正雄はバンコクで彼の発表を聞き、このような素晴らしい研究は世界に発表させねばならぬとし、International Journal of Leprosy を発刊させたという逸話がある。 ...
  • 太田正雄が亡くなつたのはこの年十月十五日である。 ...
  • 杢太郎は本名太田正雄、明治十八年に静岡県で生れ、医学を修めて東北帝大から、東京帝大医学部の教授として終りました。 ...
  • 五足の靴は、与謝野寛が、まだ学生の身分だった太田正雄、北原白秋、平野万里、吉井勇の4人を連れて旅した記録、紀行文で、1907年に発表された。
  • 大學先生の新詩社入社は明治四十二年九月だが、その年の一月、社中の俊秀をすぐった北原白秋、吉井勇、長田兄弟、太田正雄、秋庭俊彦などが、袂を連ねて去る事件があった。 ...
  • 二月十五日 吉井勇、太田正雄共に来ぬ。 ...
  • 近くは春之舍おぼろ、嵯峨之舍おむろ、二葉亭四迷の如き、更に新しいところで太田正雄氏の如きは木下杢太郎、きしのあかしや、地下一尺生、その他めまぐるしい程の變名を用ゐてゐる。 ...
  • 一月十八日 夜太田正雄、平野久保来話す。 ...