太田権現

8 の例文 (0.00 秒)
  • 木喰は円空の存在について直接言及した史料を残していないが、木喰とともに北海道を廻国した弟子の白道は『木食白導一代記』において太田権現を訪れた記録を残しており、円空の名には言及していないが「百体の御仏」を見たとしている。 ...
  • 一方で、平成16年の調査で初期の木喰仏は木喰とともに蝦夷地を廻国した弟子の木食白道の作例であることが判明し、白道は『木食白導一代記』において円空に直接言及していないが、太田権現で多くの仏を見たと記している。 ...
  • 木喰は円空や円空仏に関して言及した確実な史料を残していなかったが、2008年に山梨県立博物館で開催された『木食白道 知られざるもう一人の木食』展に際して『木食白導一代記』が調査・解読され、白道が円空仏について直接言及してはいないものの、太田権現において多数の仏を実見していたことが判明した。 ...
  • 門昌庵を訪れた安永7年の『納経帳』の存在から、木喰が太田権現を訪れ円空仏を実見して造像活動を開始したとする説もあるが、木喰が円空や円空仏に直接した史料は残されていない。 ...
  • thumb|right|200px|太田権現 木喰は円空仏と出会ったことにより造像活動を開始したとする五来重の説がある。 ...
  • thumb|right|200px|太田権現 さらに、久遠郡せたな町の太田権現には木喰・白道の渡道時に多数の円空仏が伝来していたが、門昌庵に伝来する『納経帳』の存在から、木喰が太田権現において円空仏を実見し、北海道において造仏活動を開始したとする説があった。 ...
  • thumb|right|200px|太田権現 2014年時点で最古の円空仏は郡上市美並町の神明神社の諸像であるが、初期の円空仏は郡上市美並町や郡上市八幡町、関市、岐阜市など岐阜県下に分布しているほか、周辺の三重県、愛知県にも分布している。 ...