太田

全て 名詞
7,438 の用例 (0.02 秒)
  • 約束を約束と思っていないのか、太田はことあるごとに口を出してきた。 内田春菊『犬の方が嫉妬深い』より引用
  • もちろん、太田の方では彼女に何も言ってほしいわけではないだろうが。 赤川次郎『過熟の実』より引用
  • 嘘とも本当とも分らない表情でそう云いながら太田は朝日に火をつけた。 宮本百合子『舗道』より引用
  • 太田が捕まったと聞いたとき、私の頭にきた第一のことはこの事だった。 小林多喜二『党生活者』より引用
  • 医務室に運ばれたら、太田はそこへは迎えに来てくれない様な気がした。 内田春菊『犬の方が嫉妬深い』より引用
  • 私が開腹手術を受けたというのに、太田はライブの予定を変えなかった。 内田春菊『犬の方が嫉妬深い』より引用
  • それでなくても、太田は私の部屋をどんどん物だらけにしている所だった。 内田春菊『犬の方が嫉妬深い』より引用
  • そして私は、一瞬だけ裁判所の玄関から出て来る太田を見てしまったのだ。 内田春菊『犬の方が嫉妬深い』より引用
  • 同行者の一人の太田君は自分の教え子だと言ってその子の家へ立寄った。 吉江喬松『木曽御嶽の両面』より引用
  • 岡田の世界は太田にとってはついに願望の世界たるに止まったのである。 島木健作『癩』より引用
  • 私一人に十五年も働かせた挙句、こんなに金や物を要求する太田がいる。 内田春菊『犬の方が嫉妬深い』より引用
  • 私が最も頻繁に訪問したのは花園町から太田の原の千駄木せんだぎ時代であった。 内田魯庵『鴎外博士の追憶』より引用
  • そしてと思い、向かいの太田の件があることに気づいていやになった。 奥田英朗『最悪』より引用
  • 本当に、あの部屋で自殺した女を、太田カオルだと信じている眼だった。 西村京太郎『死への招待状』より引用
  • 早めに交替しないと太田が朝食をとっている間に目的地に着いてしまう。 山田太一『遠くの声を捜して』より引用
  • 夜の九時頃作業をしていると、暗い顔をした太田夫人が現れたのだ。 奥田英朗『最悪』より引用
  • それには太田の住む下曾我の家の庭で写した二枚の写真が入っていた。 巖谷大四『懐しき文士たち 戦後篇』より引用
  • 太田は、その激しい声に、びっくりした表情になって、黙ってしまった。 西村京太郎『愛と憎しみの高山本線』より引用
  • 太田は何も知らずにそれを食べ、その二日後、夫婦生活を求めて来た。 内田春菊『犬の方が嫉妬深い』より引用
  • その時は太田君も一緒で、湖水から吹き入る風の涼しいところで話した。 島崎藤村『山陰土産』より引用
  • 次へ »