太平銀行

22 の用例 (0.00 秒)
  • 太平銀行さんのように東京から一歩離れて堂々とやっておられる。 山田智彦『銀行 男たちの挑戦』より引用
  • したがって、太平銀行の本店を訪れる人たちはたいてい、気を良くする。 山田智彦『銀行 男たちの挑戦』より引用
  • 太平銀行を格好の合併相手と考えて、これを呑み込んでしまおうと思っている。 山田智彦『銀行 男たちの挑戦』より引用
  • 今回の合併問題は相手行が優良銀行の太平銀行ですからね。 山田智彦『銀行 男たちの挑戦』より引用
  • 太平銀行本店の高層ビルの頭取室にいて、海の方を眺めていた。 山田智彦『銀行 男たちの挑戦』より引用
  • 太平銀行の五十の支店と市民相互の三十支店を武器にして、次は全国第五位の三徳銀行との合併をねらっている。 大藪春彦『黒豹の鎮魂歌 第三部』より引用
  • 現時点で、ほんとうに合併が必要なのかどうか、それに相手行が太平銀行でよいのかどうか、もう少し慎重に検討する必要があるだろう。 山田智彦『銀行 男たちの挑戦』より引用
  • もちろん、太平銀行が静岡に本店をかまえているというのも大きな理由の一つであった。 山田智彦『銀行 男たちの挑戦』より引用
  • 杉本さんは以前から太平銀行の大須賀勇造とは親しい仲だからね。 山田智彦『銀行 男たちの挑戦』より引用
  • 太平銀行への接近はいわば合併工作である。 山田智彦『銀行 男たちの挑戦』より引用
  • 太平銀行はもともと大須賀おおすが一族によって経営されてきた銀行であり、現在の頭取である大須賀勇造ゆうぞうは四代目に当たる。 山田智彦『銀行 男たちの挑戦』より引用
  • それに、太平銀行側の考え方も大須賀勇造の思惑もよくわからず、いずれもまったくの未知数であった。 山田智彦『銀行 男たちの挑戦』より引用
  • 頭取の成瀬と自分しか知らない筈の、太平銀行へのアプローチが、松岡紀一郎にそっくり知られていた。 山田智彦『銀行 男たちの挑戦』より引用
  • 静岡駅前に巨大な本店を持つ太平銀行だ。 山田智彦『銀行 男たちの挑戦』より引用
  • 長谷部は一日早く出て、太平銀行の地盤を歩き、主力店舗のいくつかを見たり、静岡という土地柄を見学しようとの魂胆で、出発を早めた。 山田智彦『銀行 男たちの挑戦』より引用
  • 成瀬が指名したのは「太平銀行たいへいぎんこう」である。 山田智彦『銀行 男たちの挑戦』より引用
  • 太平銀行の場合は他行にくらべて不良債権が極端に少ない。 山田智彦『銀行 男たちの挑戦』より引用
  • 太平銀行ではこうした愚は犯さない。 山田智彦『銀行 男たちの挑戦』より引用
  • 十一時に太平銀行の大須賀勇造と矢島隆也があらわれる。 山田智彦『銀行 男たちの挑戦』より引用
  • 地元の二人は、太平銀行のオーナートップ大須賀勇造と、同じく若手の常務取締役として活躍中の矢島隆也やじまたかやだ。 山田智彦『銀行 男たちの挑戦』より引用
  • 次へ »