太平道

88 の用例 (0.00 秒)
  • と、名乗りをあげたのが、張角を総帥そうすいとする太平道のグループであった。 陳舜臣『秘本三国志 01 (一)』より引用
  • 東の太平道が天下を取ったなら、西の五斗米道はどんな立場になるだろうか? 陳舜臣『秘本三国志 01 (一)』より引用
  • とすれば、革命の主体が太平道であることは、もはや疑問の余地はない。 陳舜臣『秘本三国志 01 (一)』より引用
  • 後漢末にはここから張角が太平道を起こし拠点を置いた。
  • そのころ、広宗では太平道の教祖で、天公将軍と自称した張角が病死した。 陳舜臣『秘本三国志 01 (一)』より引用
  • 多くの民衆を吸収した太平道は、184年についに反乱を起こす。
  • 現世の苦しさを逃れるために、太平道などの庇護ひごに入るものが激増した。 陳舜臣『秘本三国志 01 (一)』より引用
  • 太平道本部の客となってから、彼の送ったこの種の報告は、ほとんどが否定的な内容のものだった。 陳舜臣『秘本三国志 01 (一)』より引用
  • 百人の人間がおれば、太平道の信者は五人か十人、あと九十人か九十五人は横をむく。 陳舜臣『秘本三国志 01 (一)』より引用
  • 広宗は太平道総本山のあった鉅鹿きよろくのすこし南の県で、現在も同じ地名のままである。 陳舜臣『秘本三国志 01 (一)』より引用
  • だから、右の親書にも太平道の字はなく、『中黄太乙』という表現をした。 陳舜臣『秘本三国志 02 (二)』より引用
  • これを入手した張角が、「黄老道を奉事」して立ち上げた宗教集団が太平道である。
  • きっと太平道の信者もこんな精神状態であったに違いない。 酒見賢一『泣き虫弱虫諸葛孔明 第弐部』より引用
  • この妖術を取得したことから張角は太平道を作り、黄巾の乱を起こすことになっている。
  • 敵味方を区別するために、太平道はその軍兵に黄色い布で頭を包ませることになっていた。 陳舜臣『秘本三国志 01 (一)』より引用
  • 太平道は兵力をここに集中し、これを渠帥の馬元義が指揮する予定であった。 陳舜臣『秘本三国志 01 (一)』より引用
  • あの歌は疑いもなく、太平道の人たちのものである。 陳舜臣『秘本三国志 01 (一)』より引用
  • 鉅鹿きよろくのまちにあった、道教団体『太平道』の本部で見かけた幹部の一人に。 陳舜臣『秘本三国志 01 (一)』より引用
  • もし太平道の天下となったらどうするか? 陳舜臣『秘本三国志 01 (一)』より引用
  • すなわち、太平道の布教が最も盛んであった地方なのだ。 陳舜臣『秘本三国志 02 (二)』より引用
  • 次へ »