太平記

941 の用例 (0.00 秒)
  • 太平記は嘘が多いが、このあたりは真相を伝えるものではないだろうか。 新田次郎『新田義貞(下)』より引用
  • と古典太平記の筆者はいい気味みたいにいっているが、そうではあるまい。 吉川英治『私本太平記』より引用
  • 竹ノ下の合戦における官軍敗北の原因を暗示させる言葉が太平記にある。 新田次郎『新田義貞(下)』より引用
  • 太平記は義貞の下向が遅れたのは彼の病気のためだとも書いている。 新田次郎『新田義貞(下)』より引用
  • 太平記は、義詮が没し細川頼之が管領に就任する章で物語を終えている。
  • この時の死は呪詛によるものであると太平記には記されている。
  • 例の口調で私に話しかけたのは、私本太平記の取材旅行一週間程前のことであったろうか。 吉川英明『父 吉川英治』より引用
  • 私本太平記などは飛行機の中でまとめて読むのだそうだ。 吉川英治『随筆 私本太平記』より引用
  • ここで、正成が答えたことばとして「古典太平記」は、こう書いている。 吉川英治『私本太平記』より引用
  • 「太平記」の文章は、和漢混淆こんこう体文の最も円熟したものと言われている。 海音寺潮五郎『さむらいの本懐』より引用
  • 太平記には嘘は多いが、ほんとうのことを書いた部分も多い。 新田次郎『新田義貞(下)』より引用
  • この恐さだけは、太平記の時代も今もお互いの中でいささかも減じてはいない。 吉川英治『随筆 私本太平記』より引用
  • 太平記という小説に理想化された忠臣を見るばかりで、人間楠公を知らない。 山田風太郎『戦中派不戦日記』より引用
  • なお『太平記英雄伝』がどこまで史実を伝えているかは不明である。
  • 総じて文学価値としては古典平家の方が太平記よりも上だと思う。 吉川英明『父 吉川英治』より引用
  • 理由はいろいろあるがやはり太平記そのものの持つ特異な性格にほかならない。 吉川英治『随筆 私本太平記』より引用
  • そのような時に生じたのが『太平記』の扱いを巡る問題であった。
  • 太平記くらいたくさんな人が死んでゆく小説もない。 吉川英治『随筆 私本太平記』より引用
  • その結果、『太平記』全四十巻は半年ほどで写本が完成したという。 千秋寺亰介『怨霊記 1 四国結界篇』より引用
  • 武者絵でよく知られており、『太平記』の南朝に取材した作品が多い。
  • 次へ »