太平興国

53 の用例 (0.00 秒)
  • 宋の太平興国5年3月、遼の景宗は10万の兵を発して雁門を攻めた。
  • 先づ宋の太宗の太平興国八年に成つた太平御覧に本草経の文を引くものがすこぶる多い。 森鴎外『伊沢蘭軒』より引用
  • 宋代の太平興国初年には、節度使の孫承祐によって7層の仏塔が建てられた。
  • 唐の乾符中に寺名を宝公院と改め、北宋初の太平興国5年には太平興国寺と改められた。
  • 太平興国6年には彭城公に、雍熙3年には保康軍節度使に任じられている。
  • 北宋の太平興国3年、一度名を開利寺と改めたが、しばらくもしないうちに元の名にもどしている。
  • 太平興国8年に進士となり成武主簿に任命され、知長州県を経て大理評事に改められる。
  • 宋初においても、太平興国4年まで、大師号が下賜されることは無かった、と結んでいる。
  • 同平章事を経て太平興国初年司空まで上がった。
  • 北宋太宗の太平興国七年に、尚薬奉御王懐隠しやうやくほうぎよわうくわいいん等にみことのりして、太平聖恵方たいへいせいけいはう一百巻を撰ばしめた。 森鴎外『伊沢蘭軒』より引用
  • 配軍の原型は配流者の増加の対策の一環として太平興国9年に窃盗で死刑に相当する者に無期限の労役としたのが起源である。
  • その量は宋初の太宗の太平興国の初めにはわずか50片であったのが、哲宗の元符年間には1万8千となり、徽宗の宣和年間には4万7千になっている。
  • 胆礬に鉄を反応させて銅を得る方法自体は、往古より知られていたが、北宋・太平興国年間に信州鉛山場の一部で精製に用いられ始め、景祐4年には政府が銭遜を派遣し調査させている。
  • 北宋が成立すると太平興国初年に蒲陰県と改称、明代には蒲陰県は廃止となり管轄区域は祁州直轄とされた。
  • 太平興国6年に版刻・出版されたが、不要不急の文章として増刷はされなかったため民間に流布するものは少なかった。
  • 太平興国2年、父が死去すると、驍猛軍校に抜擢された。
  • 太平興国元年、知霊州となり、7年のあいだ在任した。
  • 北宋時代・太平興国7年~雍熙4年に成立した『文苑英華』にも白居易の著作が収録されている。
  • 太平興国7年には、浙東に帰郷し、『宋高僧伝』を撰することを命じられた。
  • その後、規制の強化と緩和を繰り返しながら民間からの銅銭放出と鉄銭流入を進め、太平興国7年には租税の納付をはじめ、全ての取引が鉄銭で行われ、銅銭の使用が完全に禁止された。
  • 次へ »

太平興国 の使われ方