太平社長

20 の用例 (0.00 秒)
  • 詰問きつもんした時、ドアが開いて、太平社長が蒼惶そうこうとした様子で入って来た。 山崎豊子『華麗なる一族 上』より引用
  • 調査は昨日の夕方、知らされていたので、太平社長はみ手で迎えた。 山崎豊子『華麗なる一族 上』より引用
  • 太平社長は、もう二時間以上も渋野常務が現われるのを応接室で待っていた。 山崎豊子『華麗なる一族 上』より引用
  • 太平社長が出て行くと、二人の調査員は用意された机に移り、ワイシャツ姿で調査を開始した。 山崎豊子『華麗なる一族 上』より引用
  • 太平社長はその言葉の意味がみ込めぬように小首をかしげた。 山崎豊子『華麗なる一族 上』より引用
  • さっきから太平社長の横で、背をかがめて恐縮しきっている経理担当の専務が口を開いた。 山崎豊子『華麗なる一族 上』より引用
  • と云うと、にわかに太平社長の顔から笑いが消えた。 山崎豊子『華麗なる一族 上』より引用
  • 万俵は、ていよく太平社長を振りきり、エレベーターへ向った。 山崎豊子『華麗なる一族 上』より引用
  • 太平社長は、狭い額に汗をにじませ、弁解の言葉を探すように口もとを動かした。 山崎豊子『華麗なる一族 上』より引用
  • 太平社長の皺だらけの顔が引きつれた。 山崎豊子『華麗なる一族 上』より引用
  • 銀平は、無表情にネオン塔を見詰めながら、この調査が終った後の、太平社長に云うべき言葉を考えていた。 山崎豊子『華麗なる一族 上』より引用
  • 太平社長も開き直るように云い返した。 山崎豊子『華麗なる一族 上』より引用
  • 太平社長は、顔中を笑いじわにし、声を上ずらせた。 山崎豊子『華麗なる一族 上』より引用
  • たまたま太平スーパーの太平社長が、大阪の繊維問屋街の丼池どぶいけ丁稚でつち奉公から身を起した立志伝中の人物であることが地元新聞などを通してよく知られ、それが庶民にうけて、わずか十年で阪神間では五指に数えられるスーパー・ストアになったのだった。 山崎豊子『華麗なる一族 上』より引用
  • 強いて柔らかい口調で云うと、太平社長はまだ震えの止まらない肩をすぼめ、専務にいたわられて席をたち、部屋を出て行った。 山崎豊子『華麗なる一族 上』より引用
  • 太平社長は、哀願するように云った。 山崎豊子『華麗なる一族 上』より引用
  • 暗に金融手形が混じっていることを指摘し、一挙に最後の本丸を攻め落そうとした途端、太平社長と専務の顔がみるみる青ざめ、体が震え出した。 山崎豊子『華麗なる一族 上』より引用
  • 応接用の安楽椅子ソファに、太平スーパーの太平社長と、経理担当の専務が肩を落して坐っており、渋野常務は、渋面で、二人に向い合っていた。 山崎豊子『華麗なる一族 上』より引用
  • 太平社長の顔が引きれ、今一言、銀平が踏み込めば、たち上って銀平に掴みかからんばかりに殺気だった時、ドアをノックし、頭取秘書の速水はやみが入って来た。 山崎豊子『華麗なる一族 上』より引用
  • 万俵銀平が慇懃いんぎん無礼な語調で促すと、太平社長の傍らにかしこまっている専務と経理課長は、総勘定元帳や補助帳簿の分厚なつづりなど、銀行側の要求通り、二年前まで遡った財務関係の諸帳簿を運び込んで来た。 山崎豊子『華麗なる一族 上』より引用