太平真

28 の用例 (0.00 秒)
  • 太平真君6年、北魏の太武帝は成周公の万度帰に命じて鄯善国を攻撃させた。
  • この年、というのは宋の元嘉二十七年で、これは魏の太平真君たいへいしんくん十一年にあたる。 田中芳樹『徽音殿の井戸』より引用
  • 太平真君5年、呉提が死去すると、子の吐賀真が即位して、処羅可汗と号した。
  • 太平真君年間に廃止されている。
  • 太平真君4年、太武帝の車駕は漠南に赴き、軍勢を4方面に分けた。
  • 北魏の太平真君末年、父に従って北魏から南朝宋に亡命した。
  • 年があけて宋の元嘉二十八年、魏では太平真君十二年だが、ようやく太武帝は長江の北岸から動き、全軍こぞって北へ帰りはじめた。 田中芳樹『徽音殿の井戸』より引用
  • 太平真君初年、5軍を率いて禿髪保周を張掖郡で攻撃した。
  • 太平真君10年1月、太武帝の車駕は北伐を開始した。
  • 太平真君3年、呉提は伊吾王の唐契を攻撃し、唐契は高昌に奔走し、その地を奪おうとした。
  • 世祖は非常にこの天師道を尊崇し、自ら「太平真君」と称し、仏教を排斥するようになった。
  • 太平真君というのは奇妙な年号だが、魏の皇帝である太武帝たいぶてい道教どうきょうの熱心な信者だったので、いかにも道教くさい年号をたてたのだ。 田中芳樹『徽音殿の井戸』より引用
  • 太平真君5年、太武帝は再び漠南に赴き、呉提を襲撃しようとしたが、呉提が遠方に逃れたので取り止めた。
  • 太平真君年間、柔然に対する征討に従って、功績により関内侯の爵を受けた。
  • 太平真君11年、車師前王の車伊洛は遣使の琢進と薛直を送って、沮渠無諱によって壊滅させられ困っていることを上書した。
  • 太平真君中、闞爽は沮渠無諱に襲撃され、沮渠無諱が高昌郡を奪って太守となった。
  • その後、諸国を巡り、1778年、下野の太平山に約1ヶ月籠もった後、太平真鏡流を開いたという。
  • 千人同心の太平真鏡流師範として、『桑都日記』の作者として知られる組頭・塩野適斎がいる。
  • 太平真君2年にはいったん北魏に降伏して酒泉王に封じられたが、西域での後患を絶つために進軍した北魏の攻撃を退け、弟の沮渠安周を派遣して鄯善を攻撃している。
  • 太平真君初年に死去した。
  • 次へ »

太平真 の使われ方