太平清領

8 の用例 (0.00 秒)
  • 冀州鉅鹿の張角は『太平清領書』に基づく道教的な悔過による治病を行った。
  • 後漢時代の中ごろ、于吉という人物が得た神書『太平清領書』を弟子が順帝に献上したが役人によって死蔵された。
  • 順帝の時代、薬草を採りに山に入ったところ、曲陽の水辺で白い絹に朱の罫を引いた神書『太平清領道』百余巻を手に入れたとされる。
  • 霊帝の折、黄帝道を奉じていた張角は『太平清領書』を教典として教団を創始し、自らを大賢良師と称した。
  • 順帝の折、于吉の弟子である宮崇は『太平清領書』170巻を朝廷へ献上したが「妖妄不経」の書とされ世に出なかった。
  • 彼はこの『太平清領書』を病人に読み聞かせ符水を飲ませることで治癒を行い、民衆はもとより支配階層からも広く尊崇を受けた。
  • 程度については議論があるものの、『太平経』はおおむね『太平清領書』をよく受け継いでいると考えられる。
  • 従って『太平経』を元に『太平清領書』の内容、また太平道の教義について、ある程度推測できる。