太平洋

全て 名詞
13,410 の用例 (0.02 秒)
  • 軍事的にも最も決勝戦争の困難なのは太平洋を挟んだ両集団であります。 石原莞爾『最終戦争論』より引用
  • 太平洋において再び行動可能な軍艦が一気に三分の一になってしまった。 九条公人『超仮想戦記 リヴァイアサンの伝説』より引用
  • 爆発の炎に包まれたスードリは、黒い塊となって太平洋に落ちていった。 富野由悠季『Zガンダム 星を継ぐ者』より引用
  • 二つか三つの多少重要な事実が湖から太平洋までのこの横断で目立った。 ヴェルヌ/大久保和郎訳『グラント船長の子供たち(下) 地の果ての燈台』より引用
  • 安定点のひとつは太平洋上にあって、わたしたちの役には立ちません。 クラーク『楽園の泉』より引用
  • いよいよ太平洋を西から東へ、一万四千キロの横断飛行が始るのである。 海野十三『太平洋魔城』より引用
  • それは千倉の療養所で聞いた太平洋の潮騒の音に似ていなくもなかった。 村上春樹『1Q84 BOOK3』より引用
  • この科学的に考えられた航路が、この後太平洋の大道となったのである。 和辻哲郎『鎖国日本の悲劇 (前編)』より引用
  • 東京湾内へも、四、五月頃になると遠く太平洋の方から乗っ込んでくる。 佐藤垢石『鯛釣り素人咄』より引用
  • 中央にある広場の灌木林は、太平洋上の緑の孤島の如く人気もなかった。 直木三十五『青玉の十字架』より引用
  • 第一にアメリカ合衆国が一八四六年までは太平洋岸を所有していなかったこと。 服部之総『汽船が太平洋を横断するまで』より引用
  • ただ私の親父は、ヨーロッパ戦線の四四二ではなく、太平洋戦線でした。 大石英司『B-1爆撃機を追え』より引用
  • 私は太平洋沿岸を歩いてみて、そこに人種問題があることを発見した。 豊田穣『松岡洋右――悲劇の外交官――(下)』より引用
  • さて、いつ頃から太平洋で東京ローズの名が聞かれだしたのだろうか。 ドウス昌代『東京ローズ』より引用
  • 中部太平洋第一航空艦隊司令長官小栗中将が指揮をとっておられました。 豊田穣『海兵四号生徒』より引用
  • そこでスペイン政府は有力な艦隊を太平洋に派遣することに決したのである。 和辻哲郎『鎖国日本の悲劇 (前編)』より引用
  • 日本を開国した国が太平洋の覇者はしゃになるのだということをお忘れなく。 池上永一『テンペスト2 花風の巻』より引用
  • 土佐湾から太平洋を一望できる小高い岩だらけの丘の上にこの寺がある。 永井吐無『癒しの旅 四国霊場八十八ヵ寺』より引用
  • 遠い太平洋上で起きた事件じけん証拠しようこを、集められるわけがありません。 西村京太郎『夜の終り』より引用
  • これによって、太平洋側と日本海側が初めて線路でつながったのである。 宮原安春『軽井沢物語』より引用
  • 次へ »