太平洋軍

全て 名詞
74 の用例 (0.00 秒)
  • その目的にはアメリカ太平洋軍のミッションへの支援をも含まれる。
  • 現在は第二次世界大戦後に創設された統合軍の一つであるアメリカ太平洋軍の作戦指揮下にある。
  • 作戦統制上は太平洋軍司令部、部隊管理上は海兵隊司令部の指揮を受ける。
  • アメリカ太平洋軍は、アメリカ合衆国軍が有する9個の統合軍のうちの一つ。
  • 部隊管理については海軍作戦本部の指揮を受け、作戦指揮上はアメリカ太平洋軍の指揮を受ける。
  • 極東軍と太平洋軍が分かれているのは、日本占領任務に関する陸軍の主張が通ったことによる。
  • 空軍を構成する主要軍団の一つとして構成され、作戦指揮系統としてはアメリカ太平洋軍の指揮下にある。
  • アメリカ太平洋艦隊司令長官兼太平洋軍最高司令官、統合参謀本部議長を務めた。
  • 上記に加えて、アメリカ太平洋軍の担当地域には中華民国が含まれており、その防衛に関する事が台湾関係法により定められている。
  • 太平洋軍司令官には代々海軍大将が就任しており、太平洋軍の担当地域内で活動するアメリカ合衆国軍の各種部隊に対して最上位の軍事指揮権を持つ。
  • のちにCENTRIXSに至る試みは、アメリカ太平洋軍において着手された。
  • またこの任務は、名目上アメリカ太平洋軍第7艦隊の指揮下であったが、実際にはNSAが行っていた。
  • 第11空軍は部隊管理として太平洋空軍の指示を受け、通常は太平洋軍/アラスカ軍の作戦指揮を受ける。
  • 本作戦では南西太平洋軍の流れと南太平洋軍の流れが合流する位置にあることから、連合幕僚長会議は統一行動の為に指揮権の改定を行い、作戦の最高指揮官をマッカーサーとした。
  • 翌年にはアメリカ太平洋軍によるDCS関連施設統合策の一環として、各地域・国ごとにアメリカ陸・海・空軍の通信環境が一つのシステムに集約されることになり、在日米軍では空軍のシステムへの一本化が実施された。
  • 太平洋軍司令官よりも上位の指揮権を持つのは、アメリカ軍の最高司令官である合衆国大統領、および統合参謀本部の助言を受けた国防長官の2人のみである。
  • この過程では中間報告で日米の分担を明確にした「役割、任務、能力」などが示され、日本国内のみならず、太平洋軍全体の部隊配置や指揮機構も大幅に変更される。
  • アメリカ欧州軍とアメリカ中央軍およびアメリカ太平洋軍の分担範囲を調節し、エジプトを除くアフリカ全土を担当範囲とする。
  • アメリカ本土にいる部隊のほとんどは、統合戦力軍や太平洋軍など他の統合軍に所属しているため、保有している常備兵力は統合軍の中では最も少ない。
  • アメリカ太平洋海兵隊は、アメリカ太平洋軍の海兵隊構成部隊として、太平洋地域で活動する海兵隊部隊を管轄する。
  • 次へ »