太平次

34 の用例 (0.00 秒)
  • すでに短い夏の夜が明け始め、太平次は朝日を浴びながらとどめを刺す。
  • 太平次は酒を飲みながら、俺は左枝の家臣だ。
  • 疑うお縫に太平次は「孫七夫婦を殺害すれば五百石を与える」との大学之助の書きつけを証拠に見せる。
  • 怒った太平次はおみちを殺し、家にいた孫七、お米も惨殺する。
  • 何とそこには太平次夫婦の家であった。
  • 文政11年に長崎の油商・大浦太平次と佐恵の娘として生まれる。
  • 特に福屋の場が割愛されると太平次の最期がなくなる欠点がある。
  • 旧主の大学之助に従って栄華を夢見る太平次にとって、お松は利用価値が失った道具に過ぎなかったのである。
  • 太平次は山中で与兵衛を殺すつもりであったが、女房のおみちの機転で与兵衛は逃げたあとであった。
  • 殺人鬼と化した太平次は捕り手の網を逃れて大阪四天王寺近くの安井福屋に潜伏する。
  • ここは危険と与兵衛を去らしたのち、太平次は孫七を家におびき寄せ、与兵衛のあとをつける。
  • ここぞと太平次は別れの盃に毒酒を差し出すが勘当した者にはいらぬとおりよだけが盃を干す。
  • 太平次は、自分は旧主である大学之助の在処を知っており、夫の薬代と敵の様子を探るためにも大学之助のもとに身を売ることを勧める。
  • 白鸚は閻魔堂で大学之助を討ったはずが、実は太平次の身代わりで、大学之助が早変わりで登場するという演出を取っていた。
  • 殊に舞台へ飛びあがって太平次にくらい付くなどというのは、例の肥後の侍の一件をあて付けたもので、藤崎さんを武家とみての悪口でしょう。 岡本綺堂『三浦老人昔話』より引用
  • それを見たお縫はいきなり太平次に切りつける。
  • 太平次はお松ともども五十両の金子を手に入れる。
  • 太平次はお松を隠し、俺と敵の大学之助とが瓜二つなので仇討が気になり、勘当させてほしいがための放蕩かと鎌を掛け、毒酒をすすめる。
  • 太平次は悪人に与兵衛を襲わせ、応援するふりでわざと鉈で与兵衛の足を傷つける。
  • 先祖は薩摩藩の貿易商であった浜崎太平次で、大久保利通と親しかったという。
  • 次へ »