太平川

全て 名詞
22 の用例 (0.01 秒)
  • 太平川は北東部の源流から南流し、西に流れを変えて地区中央を横断する。
  • 中央部を北東から南西に八田川が流れ、南西部の八田集落南側で太平川に合流する。
  • 集落周辺と太平川支流の谷底に農地がある他は山林地帯である。
  • 南部を太平川が東西に横断し、南西部の太平寺庭との境で小黒沢川が合流する。
  • 太平川の中流域右岸に当たる広大な農業地域だったが、戦後は急速に宅地化が進み、現在では大半が住宅地となっている。
  • 中央部を太平川が東西に流れ、流路に沿って秋田県道28号秋田岩見船岡線やその旧道が走っている。
  • 太平川中流域の主に右岸に広大な領域を持ち、南部の平野は農業地域、北部は丘陵地である。
  • 南端付近を太平川が東西に流れ、その支流・小黒沢川が南北に流れて、南東部の太平黒沢との境で合流する。
  • 南岸は太平川支流の谷深くまで農地が広がり、その中の一つに井関沢集落がある。
  • 太平川・小黒沢川の流域に農地がある他は山林地帯である。
  • かつては南部に於いて太平川の左岸にも地区の一部が存在したことがあるが、住居表示実施に伴う町名整理で左岸域は新たな町丁である桜・横森の一部となり、現在も左岸域に残る広面は東部の広面近隣公園付近にあった蛇行を直線化した箇所のみである。
  • 太平川・八田川流域に農地が拓けている他は山林地帯である。
  • 太平川と八田川の流域には古くから集落が拓けており、古代の埋蔵文化財が度々発掘されている。
  • 南部を太平川が東西に横断し、並行して秋田県道28号秋田岩見船岡線及びその旧道が走る。
  • 太平川流域が平野部で、並行して秋田県道28号秋田岩見船岡線及びその旧道が走り、県道・街道の周辺に集落が集中している。
  • 北西部を太平川が東西に横断し、北岸に並行して秋田県道28号秋田岩見船岡線及びその旧道が走る。
  • 太平川流域が平野部で、並行して秋田県道28号秋田岩見船岡線及びその旧道が走り、県道・街道の周辺に集落がある。
  • 西部で太平川に合流する八田川沿いには秋田県道232号太平山八田線があり、最奥部で太平山登山道の金山滝ルートへ接続している。
  • 同様に「添河」は旭川に、「覇別」は太平川に比定されている。
  • 太平川流域に農地が広がり、県道・街道沿いに最奥部の野田から十三岱・山谷・地主・上皿見内・下皿見内と集落が並ぶ。
  • 次へ »

太平川 の使われ方