太平天国の乱

139 の用例 (0.00 秒)
  • 同年に太平天国の乱が発生すると、積極的に寄付を行い清朝を援助した。
  • 当時、太平天国の乱の拡大とともに福建省でも民衆蜂起が発生していた。
  • 太平天国の乱や義和団の乱、西安事件などの研究に大きな功績を残した。
  • 太平天国の乱が発生すると湘軍に参加し曽国藩のもとで軍務についた。
  • 太平天国の乱では、革命家達の間で広まり実際の戦闘に用いられた。
  • 経済的理由のほか、太平天国の乱から逃れて来た人々もいた。
  • のちに彼は広西省金田村に拠点を移して挙兵し、太平天国の乱へと発展した。
  • 太平天国の乱が発生すると、金田村を攻撃して功績があり、知府に抜擢された。
  • 太平天国の乱が発生すると団練を組織して功績をあげた。
  • 太平天国の乱が発生すると団練を組織して杭州の防衛にあたった。
  • 太平天国の乱にあって両親を失ってしまい、南昌に移住した。
  • 国内的には、太平天国の乱などの反乱もしばしば起きた。
  • シナの〝太平天国の乱〟や〝北清事変〟の韓国版ともいうべきである。 大宅壮一『炎は流れる3 明治と昭和の谷間』より引用
  • 甘熙故居は太平天国の乱で当時10万ともいわれた蔵書の大半が失われたとされている。
  • 李学東とともに太平天国の乱に参加し、石達開の部隊に属し文書を担当したが、戦闘で負傷し離脱した。
  • 弱体化した清朝軍に代わり、湘軍を組織して太平天国の乱鎮圧に功績を挙げた。
  • また太平天国の乱の影響もあり、オーストラリアには中国系の移民労働者が相次ぐようになる。
  • 太平天国の乱が終わるのは、一八六四年である。 橋本治『二十世紀(上)』より引用
  • 太平天国の乱の間に教勢を徐々に拡張し、以後東アジアの各地への聖公会の宣教の拠点になった。
  • 中国の民俗宗教は太平天国の乱から文化大革命の終わりまで弾圧を受け続けてきたが、現在では中国大陸、台湾の双方で復活している。
  • 次へ »