太平公介

55 の用例 (0.00 秒)
  • 楽屋でミナミ菊丸や太平公介が話しているのを、聞いたのかもしれなかった。 難波利三『てんのじ村』より引用
  • ミナミ菊丸と太平公介が、冗談とも本気ともつかない口ぶりで言った。 難波利三『てんのじ村』より引用
  • ミナミ菊丸と太平公介は、すでにニカちゃんだと決めてかかっている。 難波利三『てんのじ村』より引用
  • 工事を遠まきに眺めながら、シゲルはミナミ菊丸や太平公介と話した。 難波利三『てんのじ村』より引用
  • 腹話術の太平公介が酒の入った湯呑みを、ニカちゃんの鼻先へ差し出した。 難波利三『てんのじ村』より引用
  • 噂の発生源は、ミナミ菊丸や太平公介ではないと信じたい。 難波利三『てんのじ村』より引用
  • いつの間にか、ミナミ菊丸に続いて太平公介も、それを真似るようになった。 難波利三『てんのじ村』より引用
  • と、ミナミ菊丸と腹話術の太平公介が、救急隊員達を案内して駆け戻った。 難波利三『てんのじ村』より引用
  • ミナミ菊丸や太平公介らも同様で、体を持て余した三人は、工事現場を眺めて時間を過ごした。 難波利三『てんのじ村』より引用
  • 太平公介は首を伸ばして、犬の遠吠えを真似た。 難波利三『てんのじ村』より引用
  • シゲルと太平公介が話していると、美也子が自分もお経ができるから、交代しようかと言った。 難波利三『てんのじ村』より引用
  • 翌日の午後、二人がてんのじ村へ帰り着くと、シゲルの家にミナミ菊丸や太平公介らが集まっていた。 難波利三『てんのじ村』より引用
  • ミナミ菊丸も太平公介も美也子も、以前の長屋に住んでいた者は、居住年数に応じた額をもらった。 難波利三『てんのじ村』より引用
  • 太平公介が茶化したので、参列者の間に爆笑が上がった。 難波利三『てんのじ村』より引用
  • ミナミ菊九と太平公介が後に続き、美也子も三味線を提げて従った。 難波利三『てんのじ村』より引用
  • ミナミ菊丸と太平公介が、シゲルを奥の間へ連れて行った。 難波利三『てんのじ村』より引用
  • ミナミ菊丸と太平公介が、そんな冗談口を叩くぐらい、気のよい家主だった。 難波利三『てんのじ村』より引用
  • 太平公介が尋ねたが、シゲルは説明しなかった。 難波利三『てんのじ村』より引用
  • その声で、ミナミ菊丸と太平公介もそばへきた。 難波利三『てんのじ村』より引用
  • その夜、ミナミ菊丸と太平公介が顔を見せ、祝宴になった。 難波利三『てんのじ村』より引用
  • 次へ »