太平サブロー

12 の用例 (0.00 秒)
  • ほか、太平サブローや高橋真紀子などをその他のレギュラーに起用していた。
  • また、番組の開始当初は、太平サブローも司会陣に加わっていた。
  • 引退して20年以上経つ現在でも太平サブローやオール阪神など室谷のギャグやその舞台上でのしゃべり口調を真似をする芸人もおり、他の吉本興業所属芸人にとっても室谷の存在は大きかった事を物語っている。
  • コロッケのほかに、峰竜太、太平サブロー、ribbonらがレギュラー出演していた。
  • 太平サブローと太平シローが司会を務めた番組で、光GENJIの前身グループに当たる「GENJI」のメンバー5人も番組開始時からレギュラー出演していた。
  • 一方で関西芸能人との関係が深く、星野仙一元阪神タイガース監督の私設後援会「虎仙会」のパーティーに出席する関係の他、やしきたかじんが「太陽の父とは飲み友達」と公言したり、太平サブローのコンサートにゲスト出演しただけでなく、サブローが杉浦を異常に褒めまくる記事を書いたりなど厚遇されていた。
  • 国語を得手とする逸見が国語の問題で不正解であると、生徒である高田文夫・渡嘉敷勝男・太平サブローなどに突っ込まれると言う「図式」で、笑いを誘い番組を盛り上げていた。
  • 吉本興業とはこれ以降も関わりがあり、2011年2月に 湊町リバープレイスにて開催された「くまモンファン感謝デー」では、蒲島知事・スザンヌの他に、吉本興業から太平サブロー・坂田利夫・未知やすえ・烏川耕一らが駆けつけている。
  • 西川きよしが、亡き相方の横山やすしに扮装した太平サブローと組んで、懐かしの「やすきよ漫才」を披露した。
  • また、夢路いとし・喜味こいし、横山ホットブラザース、レツゴー三匹、太平サブロー・太平シロー、宮川大助・花子、今いくよ・くるよなどの漫才台本をそれぞれ執筆している。
  • 旧芸名は太平 サブロー。
  • 小池清、角淳一、たむらけんじ、太平サブロー、未知やすえ、桂こごろう、桜 稲垣早希、AKB48が体操中のナレーターを務めた。