太宰

全て 名詞
2,971 の用例 (0.01 秒)
  • それにしても太宰治はいったいあの心の底の底で何を考えていたのだろう。 三浦綾子『雨はあした晴れるだろう』より引用
  • 聞いたんですが、僕は太宰に関心がないので、気にとめなかったんです。 深谷忠記『北津軽 逆アリバイの死角 「太宰治の旅」殺人事件』より引用
  • そういう意味でも太宰治は、日本ではまれな特別の存在と言わねばならぬ。 太宰治『人間失格』より引用
  • そして太宰の目からは、世間も社会も人間も消え、神と永遠だけが残る。 太宰治『人間失格』より引用
  • 太宰が疎開先の金木から東京に帰ってきていることを知ったからである。 野原一夫『太宰治 生涯と文学』より引用
  • 一度愛読者になると太宰治は、その人間にとって特別の存在になるのだ。 太宰治『人間失格』より引用
  • この何かをはっきりさせたくて太宰は、さまざまないい方をしている。 吉本隆明『悲劇の解読』より引用
  • 太宰治が彼の作品の中でこんなことをいっているという話を聞いたことがある。 堀淳一『物理の風景―数理物理学者の見た世界』より引用
  • だいぶ前、太宰が来た時、私は彼の前で鶏を料理してみせたことがある。 豊島与志雄『太宰治との一日』より引用
  • 太宰と知り合ったのは、昭和二十二年三月二十七日の夜のことである。 巖谷大四『懐しき文士たち 戦後篇』より引用
  • いまなにを勉強しているのだと聞くと、太宰治の「富嶽百景」だという。 木村晋介『八丈島のロックンロール ―キムラ弁護士事件帖』より引用
  • 檀は太宰と一緒に共産党の細胞とやらいう生物活動をしたことがあるのだ。 坂口安吾『不良少年とキリスト』より引用
  • 思いもかけなかったことで、太宰の受けた衝撃はさぞ大きかっただろう。 野原一夫『太宰治 生涯と文学』より引用
  • 太宰さん、ぼくは東京に帰って、文学青年の生活をしてみたいのです。 太宰治『虚構の春』より引用
  • 私などが、太宰君の本の解説を書いて見たところで何の意味もないことである。 折口信夫『水中の友』より引用
  • ここで太宰が生まれ、育ったのかと思うと、美緒は一種の感慨かんがいを覚えた。 深谷忠記『北津軽 逆アリバイの死角 「太宰治の旅」殺人事件』より引用
  • これこそが、太宰に決定的な影響を与えたものではなかっただろうか。 深谷忠記『北津軽 逆アリバイの死角 「太宰治の旅」殺人事件』より引用
  • 我々はこの作品のなかから、太宰治の心の真実を読みとればよいのである。 野原一夫『太宰治 生涯と文学』より引用
  • 私は然し太宰が気の毒だと思うのは、彼が批評を気にしていたことである。 坂口安吾『ヤミ論語』より引用
  • ところで太宰は、いつごろから聖書に親しむようになっていたのだろうか。 野原一夫『太宰治 生涯と文学』より引用
  • 次へ »

太宰 で始まる単語