天衣無縫

全て 名詞
193 の例文 (0.00 秒)
  • 天衣無縫ともいえるプレーぶりから、多くのファンの支持を集めた。 ...
  • そういう意味で先生の研究指導ぶりは、天衣無縫てんいむほうの域に達していたと言えよう。 ...
  • 逆にその天衣無縫ぶりは、久邇宮邦彦王・吉田茂などから愛されもした。 ...
  • その百合子さんの天衣無縫な芸術性の最初の発見者が武田君だったのであります。 ...
  • いわば天衣無縫な単純さであり、しかもそれはすべて人間の呼吸にも似た自然のリズムで流れるのである。 ...
  • 人生には天衣無縫であり、かつ日常ではデリカシーを発揮する。 ...
  • 要するに彼も又彼のやり方において天衣無縫そのものなのだ。 ...
  • すぐに幻聴だと知ったが、それはあきらかに天衣無縫の長安の哄笑こうしようであった。 ...
  • しかし、どうせわれわれは彼の「天衣無縫」の路について行けはしなかった。 ...
  • しかし何と言ってもこの作品の最大の魅力は自然力の権化ごんげのような天衣無縫な美女ラミエルの姿である。 ...
  • さらに、私が奥さんを好きな理由をつけ加えれば、それは奥さんの天衣無縫な動作のためだ。 ...
  • 大名の息女に生まれ、大名の妻となったおん方は、すべてかくも天衣無縫なのであろうか。 ...
  • もちろん、そうなれば、彼の「天衣無縫」さは彼から失われるだろう。 ...
  • 白痴のせいではなく、その挑発ちようはつぶりがあまりにも露骨ろこつで、天衣無縫てんいむほうで。 ...
  • のみならず、近藤には天衣無縫てんいむほうな一面があり、他の者のようにビクビクするところがない。 ...
  • 天衣無縫とか、器が大きいとかの表現はあるが、私には大西に男の虚無感が感じられる。 ...
  • いつもの天衣無縫ぶりを効果的に利用しようとつとめているが、ねらいどおりにはいかなかった。
  • 次へ