天神の森

全て 名詞
18 の例文 (0.00 秒)
  • 南側に渡り線があり、かつては天神ノ森発の列車も運行されていた。 ...
  • 御器所村にあった天神の森と称する場所があったことによる。 ...
  • 当時、新校地の周辺は麦畑と天神の森しかなく、人家は存在しなかったという。 ...
  • 当地にかつて所在した新雨池というため池の東にあったとされる「天神の森」に由来する。 ...
  • この地は、古代には「天神の森」と呼ばれる鬱蒼とした森の茂った鄙びた土地だった。 ...
  • お初と徳兵衛は手を取り合い、曽根崎の露天神の森、冥途への旅の始まりとなるところへ、あたりに気取られないよう道を行く。 ...
  • 北畠・帝塚山地区をはじめとする阿倍野区南西部や、天神ノ森地域といった西成区東部を校区とする。 ...
  • 天神の森は、現在、ステーションNが建っている辺りにあった森で、ムクノキが生い茂っていた。
  • また天神ノ森の大半については、阿倍野区の晴明丘小学校・晴明丘南小学校および阪南中学校の校区に指定されている。 ...
  • かつて恵美須町駅にあった行灯式行先案内表示灯には、ほとんど使われていなかった『天神ノ森』とともに『田辺』の表示があった。 ...
  • 旧天王寺村の区域は住吉区となり、1929年に天下茶屋や松田町・聖天下・天神ノ森の町名が設定された。 ...
  • 醤油屋の手代の徳兵衛と遊女のお初が、大阪の曾根崎天神てんじんの森で情死じょうしげたの。 ...
  • 加悦町域を見下ろす天神山の山頂一帯を境内とし、境内を中心に天神の森一帯が府によって「天満神社文化財環境保全地区」に指定される。 ...
  • 平河天神の森は、せみの声につつまれていた。 ...
  • 裏へ出て、若竹のすくすくと青い竹林を越えると、垣もなく、平河天神の森へつづいてゆく。 ...
  • 天神ノ森、聖天下など区の東部・南東部は、明治時代後期に現在の西成区南東部から阿倍野区西部にあたる地域が天下茶屋郊外住宅地として開発された歴史的経緯の名残で、閑静な住宅地である。 ...
  • 校長先生は謝恩会のあった翌る日の二十四日の夕方に、何処かへ出張なさるような恰好で、真面目なモーニングに山高帽を召して、書類入れのボックス鞄なぞを大切そうに抱えて、下宿をお出ましになると、夕暗ゆうやみの町伝いを小急ぎに郊外へ出て、天神の森の方へ歩いて行かれました。 ...