天神

全て 名詞
2,972 の用例 (0.02 秒)
  • 右衛門はその言葉を信じて、はるばる高天神の城を頼って来たのである。 菊池寛『三浦右衛門の最後』より引用
  • 武田とすればいかなる犠牲を払っても高天神城だけは失いたくはなかった。 新田次郎『武田勝頼(二)』より引用
  • この天神様は、対馬ではいつごろから祭られるようになったのだろうか。 金達寿『日本の中の朝鮮文化 11 肥前・肥後・日向・薩摩ほか』より引用
  • 天神コアができる前は西鉄街や銀座通り商店街といった商店街であった。
  • これから天神下へ行き、このことを植村さんにつたえておきましょうか? 池波正太郎『剣客商売 06 新妻』より引用
  • 高天神城を失った責任はすべて家康にあるかのごとき云い方だった。 新田次郎『武田勝頼(一)』より引用
  • 福岡県済生会福岡総合病院は福岡市中央区天神にある医療機関である。
  • 信長が今切で高天神城が落ちたことを聞いたのは六月十九日である。 新田次郎『武田勝頼(一)』より引用
  • 高天神城などの戦跡を手に取る如く見て、池田の宿より天龍川にかかる。 池宮彰一郎『本能寺(下)』より引用
  • それ以後、耕助が通う天神学園で奇怪な殺人事件が起きるようになった。
  • 七隈線天神南駅へは一回改札口を出て天神地下街を歩く構造になっている。
  • その名前の由来は、天神様に奉納する棒菓子から来ているという説がある。
  • 天神の新十郎の後ろ姿は、夕日を浴びてすぐ小さなシルエットになった。 笹沢左保『雪に花散る奥州路』より引用
  • 沿線各都市では天神大牟田線の主要各駅を中心として街が形成されてきた。
  • 高天神城や二俣城の動きまでちゃんと家康の本陣に報告されていた。 新田次郎『武田勝頼(一)』より引用
  • 小栗大六は高天神城がなぜ落ちたかを改めて信長の前で云った。 新田次郎『武田勝頼(一)』より引用
  • それが何であるか、ほかならぬ火雷天神であると、彼は信じて疑わなかった。 海音寺潮五郎『平将門 中巻』より引用
  • 山頂東側に城の守護として天神社が建てられたため、天神山とも呼ばれる。
  • 弥助、おめえは、天神下に行って、藤屋のお房という女をしらべてくれ。 岡本綺堂『半七捕物帳』より引用
  • その街道を、さらにまた横切って行くと、布多天神社というのがある。 金達寿『日本の中の朝鮮文化 01』より引用
  • 次へ »