天真爛漫

全て 名詞
470 の例文 (0.00 秒)
  • 男どもはそうした特性がわが子の天真爛漫ぶりに似ていると思いたがる。
  • ひどい人殺しもあるものだ、あの天真爛漫な、罪もない子を殺すなんて! ...
  • みんなどこかひねこびていて、僕だけが天真爛漫らんまんであったのを覚えている。 ...
  • 天真爛漫て、こんな風にきれいなんだなァって、昔あたしは、思ってた。 ...
  • 事件のあと、天真爛漫てんしんらんまんだった表情にかげりがさしたせいもあるのだろう。 ...
  • 天真爛漫で純真無垢だが、自分で決めたことは絶対に変えない部分がある。 ...
  • 天真爛漫てんしんらんまんなチユリがそれらにさらされて傷つく姿なんて絶対に見たくない。
  • その明るい、天真爛漫な雰囲気が、 ぼくの大事な友達に少し似ていたから。 ...
  • 誰とでも友達になろうとする天真爛漫な性格で、純粋な心の持ち主。 ...
  • だから、俺は何事に対しても、小さいときから天真爛漫じゃいられなかった。 ...
  • おそらく彼のことだから天真爛漫らんまんな顔つきでやったことであろう。 ...
  • 性格は一見すると大人しそうにも見えるが、天真爛漫で非常に明るく行動的。 ...
  • シャルルは天真爛漫てんしんらんまんに、どこからこの用紙を手に入れたのかと聞いた。 ...
  • 娘の恋人に気遣っているのではなく、天真爛漫にうちとけ合っていた。 ...
  • 天真爛漫な世界の少年少女にカメラをむけるときも、彼自身は泣いている。 ...
  • 彼の天真爛漫な性格も、育ちの良さに起因する部分があるのだろう。 ...
  • それは林檎にかみつくよりも、もつと溌剌はつらつ奔放な天真爛漫な姿であつた。
  • 次へ