天王寺

全て 名詞
2,118 の用例 (0.03 秒)
  • 遠く天王寺の塔が見えるようになってからは急に人家が建てこんで来た。 新田次郎『槍ヶ岳開山』より引用
  • 天王寺駅から学校まで歩いていったところで、何もできるわけではない。 開高健『青い月曜日』より引用
  • きっとその天王寺雪月花とやらのことも友達だと思っていたにちがいない。 五十嵐雄策『乃木坂春香の秘密 第14巻』より引用
  • この時大阪市に編入された地域は南区に属し、のちに天王寺区となった。
  • それはそうと天王寺君はなぜはじめ君の名前を知っているのだろうか。 沖田雅『先輩とぼく 04』より引用
  • 天王寺の方へ行って見ることにして、おいくさんと娘と五人で出かける。 宮本百合子『日記』より引用
  • またかつては、当駅で天王寺駅方面へと折り返す普通も運行されていた。
  • 国鉄の天王寺駅も利用が急増しており、改良工事を始めることになった。
  • 天王寺駅の改札口で待っていると、二人とも七時きっかりにやってきた。 開高健『青い月曜日』より引用
  • そして天王寺・岡山の戦いで父と共に豊臣軍と戦って、敗れて戦死した。
  • 大坂の役では徳川方に参加し、夏の陣において天王寺表で戦功を挙げた。
  • 学制改革により1948年に大阪市立天王寺第二商業高等学校となった。
  • 上野の動物園もかなしいが大阪の天王寺動物園もかなしいところだった。 開高健『ずばり東京』より引用
  • 本社は現在2本社体制で、大阪府大阪市天王寺区と東京都台東区にある。
  • 天王寺学館高等学校は、大阪市平野区にある私立単位制高等学校である。
  • とどの詰まり私には天王寺駅へ行く以外に、行くところはないのだった。 車谷長吉『赤目四十八瀧心中未遂』より引用
  • 更に行くと川の南に天王寺の塔があり、一行はその近くで舟を下りた。 平岩弓枝『御宿かわせみ 24 春の高瀬舟』より引用
  • そのためにはどうしても天王寺てんのうじのチカラを手に入れないといけないの。 五十嵐雄策『乃木坂春香の秘密 第05巻』より引用
  • 大阪天王寺の合邦辻閻魔堂で実際に起こった敵打ちをテーマにしている。
  • 天王寺七坂と呼ばれる坂の一つで、一番北に位置し、かつ唯一南北に通る。
  • 次へ »

天王寺 で始まる単語