天晴

195 の例文 (0.00 秒)
  • 天晴な総合作戦で、“運命の五分間”だけが、敗因でないことは明らかである。 ...
  • その一方で、「天晴」でのプレーをきっかけに、現役復帰への意欲が再燃。 ...
  • 大きく云えば公平を好み中庸を愛する天意を現実にする天晴あっぱれな美挙だ。 ...
  • 天晴ではレギュラー、主将としてショートを守っていたが、最近はサードを守ることが多い。 ...
  • そこには見栄も対抗意識もなく、ただ知らないものは知らないのだという天晴れなまでの開き直りしかない。 ...
  • 幹部の名前は、太陽や晴天に由来する天晴や好天との対比で、月の呼び名に由来している。 ...
  • 暗夜とは云っても黄浦河の上で堂々と汽船を奪った手並みは敵ながら天晴あっぱれのものだったよ。 ...
  • 日本で兄の手紙を読む小雨の妹ふみと天晴の姉綾音は、アメリカで彼らが無事に過ごしているのを知り、笑いあうのだった。 ...
  • 作者の天晴の機知と手巧というべきであろう。 ...
  • レースの中止もやむなしと沈んでいたセスとレーサー達だが、そこに現れた天晴は全ての車を修理し、ギルを倒してレースの再開をすると宣言する。 ...
  • 天晴号のスタート時間が来ても戻ってこないホトトを心配して町に残って捜すという小雨に、折れた天晴はスタートを遅らせてエンジンの改良を続けることにする。 ...
  • 「それは、天晴あっぱれのお心付きじゃ」 一座の者は、皆それに賛成した。 ...
  • ただこの評価は思想を同じゅうして居ないものの評価で、天晴あっぱれ批評と称して打出して言挙ことあげすべきものでないばかりだ。 ...
  • 父はしかし、天晴あつぱれというべきか、情ないというべきか、この社長の悪口を家人に言ったことがない。 ...
  • 帝次には天晴あっぱれの勇士であって、しかも優美に、おとなしい お前を侍従長にする。 ...
  • しかし妙満寺派の統一団ということに限界を感じ、民間人とともに1909年天晴会を創立した。
  • 又お前にしても、学問を仕上げて、なう、天晴あつぱれの人物に成るのが第一の希望のぞみであらう。 ...
  • 次へ