天晴号

10 の例文 (0.00 秒)
  • その準備期間でできた余裕を利用して、天晴号のハイブリッドエンジンもついに完成した。 ...
  • 天晴号のスタート時間が来ても戻ってこないホトトを心配して町に残って捜すという小雨に、折れた天晴はスタートを遅らせてエンジンの改良を続けることにする。 ...
  • 車止めに突っ込む寸前で列車は何とか止まるも、天晴号は再び壊れてしまう。 ...
  • 天晴は最終手段として天晴号を機関車に正面から連結し、新たに搭載した緊急加速ブースターによるパワーでブレーキをかける。 ...
  • その結果、車内で寝ていたTJと谷上にいたギルの部下を尋問していたディラン以外のレーサーは谷の突破に成功するが、無理をしすぎた天晴号は谷の出口で走行不能になってしまう。 ...
  • そんな天晴号を次の補給地イーリーまで牽引するために引き返してきたシャーレンとアルの助けを受け、野営をする一行。 ...
  • 搭載された蒸気機関とガソリンエンジンによるハイブリッドエンジンを始動して、ギルの車に追いつく天晴号。 ...
  • 当面の住処と生活費は確保したものの、日本に帰る資金の当てがない彼らだったが、3大自動車連合が新たな時代の到来をアピールするためにロサンゼルスからニューヨークへのアメリカ大陸横断カーレースを行うことを知り、天晴号を蒸気自動車に改造してその賞金で日本へ帰ることを思い立つ。 ...
  • そんな彼のお目付け役を上役より押し付けられた士族の下級役人一色小雨は、成り行きで天晴の出奔に巻き込まれ、蒸気船天晴号に乗って漂流する羽目になる。 ...