天明

全て 名詞
3,146 の用例 (0.01 秒)
  • その時、夏祭りの実行委員の一人がステージの上の天明に近づいて来た。 三上延『シャドウテイカー3 フェイクアウト』より引用
  • ほとんど泣き出さんばかりの祖母そぼが、天明てんめいの手にひたいをこすりつけている。 三上延『シャドウテイカー3 フェイクアウト』より引用
  • 天明は雄一が出ていくのを見送ってから、会場の隅の方へ歩いていった。 三上延『シャドウテイカー3 フェイクアウト』より引用
  • 現代東京人から見れば、土地は同一でも天明の江戸人は田舎者である。 半村良『およね平吉時穴道行』より引用
  • 生まれて初めてその言葉を聞いたように、天明は口の中で繰り返した。 三上延『シャドウテイカー3 フェイクアウト』より引用
  • ステージの上では天明がおだやかな声で人々に向かって話しかけている。 三上延『シャドウテイカー3 フェイクアウト』より引用
  • 春章は天明以後その晩年をば壮時の如くに再び肉筆画の制作のみに送りき。 永井荷風『江戸芸術論』より引用
  • これら一連の改革を天明の改革といい、藩財政はいくらか再建されたという。
  • 日本に於て年号が変らないものとすれば天明も十年になる筈であった。 井上靖『おろしや国酔夢譚』より引用
  • 天明はぎゅっと目を閉じて、まとまらない思考を集中させようと試みた。 三上延『シャドウテイカー3 フェイクアウト』より引用
  • そう言いながら、頭の中では天明の不可解な移動のことを考えていた。 三上延『シャドウテイカー3 フェイクアウト』より引用
  • 天明8年、利物が死去したため、その養子として跡を継いで藩主となる。
  • このあたりで、はなしを、秋山小兵衛六十六歳の天明てんめい四年秋に移したい。 池波正太郎『剣客商売 16 浮沈』より引用
  • 天明てんめい初期一七八二年から八七年にかけて日本東部は飢饉ききんに見舞われた。 大岡信『名句歌ごよみ[春]』より引用
  • 昼間言われた通り、彼女は天明に電話で「相談そうだん」を持ちかけたのだった。 三上延『シャドウテイカー3 フェイクアウト』より引用
  • 再び目を閉じようとした天明は、ふと部屋のどこかからだれかの視線しせんを感じた。 三上延『シャドウテイカー4 リグル・リグル』より引用
  • 光太夫たちは天明四年、五年、六年の三回の正月を同じ漂流地で迎えた。 井上靖『おろしや国酔夢譚』より引用
  • あれを口にするようになったのも最近の天明てんめいの変化の一つだ。 三上延『シャドウテイカー3 フェイクアウト』より引用
  • 実行委員の大半は鶴亀駅前の商店街の人々で、彼らは皆天明を知っている。 三上延『シャドウテイカー3 フェイクアウト』より引用
  • 彼が話しているのは、昨日の晩天明てんめいが言ったことについてだった。 三上延『シャドウテイカー3 フェイクアウト』より引用
  • 次へ »