天文

全て 名詞
7,388 の用例 (0.02 秒)
  • そういっているとき、天文部からの報告が伝声管を通じて入ってきた。 海野十三『十八時の音楽浴』より引用
  • 天文六年の正月をあと七日に控えていることを、お互いが忘れていた。 咲村観『上杉謙信天の巻』より引用
  • 数学が主にして、天文暦術はむしろ客であったともいい得られよう。 三上義夫『文化史上より見たる日本の数学』より引用
  • 正之をはじめとする大名に、天文観測団を組織して欲しいと思ってもいない。 冲方丁『光圀伝』より引用
  • 戦乱の絶え間のないなかで、三年の歳月が経過し、天文十一年を迎えた。 咲村観『上杉謙信天の巻』より引用
  • これは、天文・地質・生物の諸科学が、われらにおしえるところである。 幸徳秋水『死刑の前』より引用
  • しかし、特徴のある銀河などによりアマチュア天文家にはよく知られる。
  • 天守閣が初めて作られたのは天文十九年伊丹城が嚆矢こうしとされています。 新田次郎『武田勝頼(一)』より引用
  • 方面を變へて天文の方を觀ると、唐時代に出來た有名な暦に大衍暦がある。 桑原隲蔵『東西交通史上より観たる日本の開発』より引用
  • 天文十二年八月二十五日乗員百余名をのせた支那船が種子ヶ島に漂着した。 坂口安吾『鉄砲』より引用
  • 考えてみると、SF作家のなかに、天文にくわしい人はほとんどいない。 星新一『きまぐれフレンドシップ PART2』より引用
  • 天文はいいわけの下手な生徒を前にした教師のようにおれの目を見たまま首を振った。 馳星周『不夜城』より引用
  • 天文は周りの世界がはっきりとした輪郭を持っているときは強い。 馳星周『不夜城』より引用
  • このままだと、太陽から六万天文単位のところで停止してしまう。 山本弘『神は沈黙せず』より引用
  • 天文は楊偉民への敵愾心てきがいしんとおれへの憐憫れんびんでものが見えなくなっていた。 馳星周『不夜城』より引用
  • 映像はUNSDFではなく、アマチュア天文家がもたらしたものだった。 野尻抱介『太陽の簒奪者』より引用
  • 前にも増して天文が妬ましかったが、それを平然と口にすることができた。 馳星周『不夜城』より引用
  • 天文年間に漂着したともいい、或いはもっと後のことともいっている。 柳田国男『山の人生』より引用
  • このようにして次第に最も簡単な天文、物理及び化学的の概念が形成されたのである。 寺田寅彦『宇宙の始まり』より引用
  • 鹿児島の天文館通りという盛り場にある高級酒場にも焼酎が置いてある。 山口瞳『酒呑みの自己弁護』より引用
  • 次へ »

天文 で始まる単語