天文館

115 の用例 (0.00 秒)
  • 天文館の小料理屋で最初に会ったとき、右手に持ってらっしゃいました。 鳥飼否宇『中空』より引用
  • 鹿児島の天文館通りという盛り場にある高級酒場にも焼酎が置いてある。 山口瞳『酒呑みの自己弁護』より引用
  • 東日天文館とは、かつて東京の有楽町にあった、天文普及施設である。
  • 鹿児島の有名店は鹿児島市内繁華街の天文館の中心部に店舗を出す傾向にある。
  • 町域内には山形屋があり、これを中心に天文館と呼ばれる商店街が展開されている。
  • 全線が鹿児島市電の電車通りで、鹿児島一の繁華街である天文館を通る。
  • 鹿児島市の天文館を中心として存在し、うらぶれた繁華街に存在する。
  • なお、この天文館には会員制度があった模様である。
  • このような地域性のため、鹿児島市の中心部商店街である天文館ではアーケードが非常に発達している。
  • 町域の北方は城山などの山に囲まれており、南側には天文館などの歓楽街が位置している。
  • 北部には町名の由来である城山があり、南側には天文館などの歓楽街が位置している。
  • したがって、地元住民でさえ、天文館の範囲について議論が交わされることもある。
  • あの晩天文館で旅庵さんと偶然会ったように装ったけれど、ボクはあの日が二度目だったんだ。 鳥飼否宇『中空』より引用
  • 思えば、天文館てんもんかんの小料理屋で旅庵に出会ったことが、ここに来る最初のきっかけとなったのだ。 鳥飼否宇『中空』より引用
  • 鹿児島市で近代的な繁華街と最初に開けた地点であり、現在も天文館エリアで最も賑やかな場所である。
  • 天文館といわれる商店街の一部を構成しており、大正期には山形屋商店などが店舗等を拡張するなどし、鹿児島経済圏の中心となっている。
  • 地元では天文館電停と呼ばれることが多い。
  • 鹿児島座とは、かつて鹿児島県鹿児島市の繁華街天文館に存在した商業劇場である。
  • 特に電車通り側正面壁面には季節ごとの写真とコピーを掲載した巨大なキャンバスイメージが掲げられ、天文館の顔となっている。
  • 副署長のほかに警視相当職として、会計官・刑事官・地域交通官及び天文館対策官を、課長の上に置く。
  • 次へ »