天文部

48 の用例 (0.00 秒)
  • 入手すると、天文部だけはデータ量が少ないように感じられることがある。
  • そういっているとき、天文部からの報告が伝声管を通じて入ってきた。 海野十三『十八時の音楽浴』より引用
  • そのまま衛星軌道きどうまで飛んでってくれたら天文部にけ合って軌道計算くらいさせてやるぜ。 谷川流『涼宮ハルヒの驚愕(前)』より引用
  • また、特別教室棟屋上にはプラネタリウムがあり、天文部が活動している。
  • この星のトランジット観測は日本でも何度か行われており、その中には高校の天文部によるものもある。
  • 初めは、女の子がほとんど出ない地味な天文部を舞台にした学園漫画を描こうとしていた。
  • 高校の天文部はいまでも太陽観測を日課としている。 野尻抱介『太陽の簒奪者』より引用
  • 只今天文部は、電子望遠鏡の中に彼の姿をキャッチしたのだった。 海野十三『十八時の音楽浴』より引用
  • そして、天文部を舞台にしたドタバタラブコメディがいま始まる。
  • なお、生物部は生物同好会として、地学部は天文部と名称を変えて、現在活動中である。
  • 彼は入学早々天文部への入部を希望し部室を探すが、なぜか部室は地下にあった。
  • そのうちにも、天文部からは刻々に火星のロケット艦の接近が、か細い声によって報告されてくるのだった。 海野十三『十八時の音楽浴』より引用
  • 高校在学中は天文部に所属していた。
  • 教室に入った湧は、さっそく同じクラスで天文部に所属している海野うんのに話しかける。 山本弘/友野詳/清松みゆき/西奥隆起『妖魔夜行 幻の巻』より引用
  • 水路部天文部に勤務経験のある田口も取材に協力しており、制作クレジット・協力一覧に名前を残している。
  • そこに足を踏み入れた彼を待っていたものは、天文部とは名ばかりの天悶部というオタクだらけの女子の集団であった。
  • ほんとは世古口せこぐち君といろいろ出し物を見てまわりたかったのだけれど、彼はずっと天文部てんもんぶの手伝いをしている。 橋本紡『半分の月がのぼる空 第07巻』より引用
  • 天文部に所属していた。
  • 天文部における重要な活動の一つが「天体観測」である。
  • 県内でも名門校で天文機材も豊富であり、この学校の天文部が高天ネットの中心となって活動している。
  • 次へ »