天文道

61 の用例 (0.00 秒)
  • 占星術の要素の強い天文道から科学的な天文学への過渡期を示す書物である。
  • しかしこれは天文道に属する東洋最高の魔術のひとつだ。 荒俣宏『帝都物語1』より引用
  • 天文道を伝える安倍氏に対し、暦道を伝えるのが賀茂氏である。
  • 天文博士とは、律令制の陰陽寮に設置された教官で天文道のことを担当する。
  • たとえば天文道は、星々の動静を観察し異変を知って災害にそなえる。 荒俣宏『帝都物語1』より引用
  • 陰陽道や暦道に優れ、天文道にも通じていた。
  • 天文博士の官職は息子の広賢に継承されて、その一族は天文道の家柄となり「宗明流」と称された。
  • これは天文道及び天文密奏が次第に実際の星の動きを見て占うという中国由来の上天思想的な解釈から日本独自に発達していった占いの技法である陰陽道的な解釈へと変化していく状況を示した事例であると考えられている。
  • また、『今鏡』には藤原南家出身の信西の平治の乱での最期と彼が天文道に通じたことが結びつけて書かれている。
  • それ以前の天文学は天文道として扱われて土御門家に代表されるような特定の家の家学とされ、また天体の動きと国家の興亡が結び付けられていたために一種の機密扱いとされて、こうした本が出された事は無かった。
  • また、土御門家の天文道や宿曜道に由来する仏教天文学の抵抗もあり、その本格化は陰陽寮が廃止された明治時代以後のことになる。
  • 更に鎌倉幕府が成立すると、幕府でも天文異変に対する関心が高まり、安倍氏の一族の中には陰陽道と天文道をもって幕府に仕える者も登場するようになった。
  • 泰親は陰陽道・天文道の知識・技術に加えて数々の奉仕の代償として得た荘園の所職を3子に分け与えて嫡流の将来にわたる継続と再興の基礎としようとしたのである。
  • 土御門家は官製天文道の一切をあずかる宗家として、太陽黒点にはことのほか観察の目をそそいできた。 荒俣宏『帝都物語1』より引用
  • また、後に安倍氏の主流となる安倍泰親のように、中国由来の天文学よりも陰陽道の考え方を重視して天文道の解釈を行っていくようになった。
  • しかし土御門家の秘伝によれば、三本脚の烏という奇怪な隠喩いんゆにはまこと意味ぶかい天文道の教えが込められているという。 荒俣宏『帝都物語1』より引用
  • また、当時の天文学は天変を観測する「天文道」や暦を作成する「暦道」によって構成され、天文博士や暦博士によって教育されていた。
  • もっとも、天文道そのものが陰陽道と比較して日本の律令国家においては、余り重要視されたとは言えなかった部分があり、夜空の観測も平常は戌の刻と寅の刻の定時観測のみであったとされている。
  • だが、鎌倉において国道が行った様々な事例が鎌倉幕府における陰陽道・天文道の先例として重視されることになり、後の「鎌倉陰陽師」と呼ばれる鎌倉幕府に仕える陰陽師集団の基礎を築くことになった。
  • そこで奇門遁甲とは、天文道による星の変化を読み方位の吉凶を考えに加えて、身体や軍や館、あるいは国家そのものを守り、吉を取り凶を避ける手段となる。 荒俣宏『帝都物語1』より引用
  • 次へ »