天文衛星

77 の用例 (0.00 秒)
  • はるかとは、宇宙科学研究所が開発し、打ち上げた電波天文衛星である。
  • また大気の影響を受けない電波天文衛星による観測も行われている。
  • それ以降も科学衛星や天文衛星の情報を互いに共有することによって発見を行ってきた。
  • そのエネルギー出力は赤外線天文衛星IRASによる観測で判明した。
  • 一般に赤外線天文衛星では観測装置を絶対零度近くまで冷却する必要がある。
  • 後継機となる赤外線天文衛星としてはSPICAが提案されている。
  • この系が最初にX線で観測されたのは、天文衛星ROSATによってであった。
  • やがて追認を依頼した天文衛星のデータが入ってきた。 野尻抱介『太陽の簒奪者』より引用
  • 同時期に稼働したX線天文衛星にはアインシュタイン衛星、てんまがある。
  • はくちょうは東京大学宇宙航空研究所が開発した日本初のX線天文衛星である。
  • あかりとは、日本の宇宙航空研究開発機構宇宙科学研究本部が開発した赤外線天文衛星である。
  • あすかに続く5機目の日本のX線天文衛星として計画された。
  • X線天文衛星の場合さらにX線ミラーを組み合わせれば撮像が可能となる。
  • はやぶさの成功以来宇宙開発への関心は高まっているが、一方で継続的に観測が行われる天文衛星や地球観測衛星などは広く知られているとはいえない。
  • みどりのような環境観測のための衛星や、はるかのような天文衛星など科学衛星や実験衛星は日本のロケットで打ち上げられることがほとんどであり、これらの衛星は大きな成果を上げた。
  • 赤外線天文衛星IRASの観測で、この星団の中に惑星状星雲が発見されている。
  • 第8号科学衛星てんまは旧文部省宇宙科学研究所が開発した、日本で二番目のX線天文衛星である。
  • また、地上の天文台や他国の天文衛星などと協力している。
  • その光の成分を肉眼で知ることはできないが、天文衛星の観測データを読んだ日の嘔吐感はいまも生々しい。 野尻抱介『太陽の簒奪者』より引用
  • 電波天文衛星とは、電波天文学観測を専門的に行う衛星のこと。
  • 次へ »