天文暦数

5 の用例 (0.00 秒)
  • 一栄もまた早くから天文暦数の理をまなんで、いささか才能を示した。 石川淳『焼跡のイエス・処女懐胎 他』より引用
  • 事実は、いわゆる天文暦数れきすうを専門とし、ときに、それにちなんだ卜筮ぼくぜいをする職能の所有者であったろうが、しかし、弥生はその伝説どおりの陰陽師をはからずも見出したのである。 山田風太郎『忍者月影抄』より引用
  • 有名なニネベ遺跡からは2万を越す粘土板文書が出土し、その内容も天文暦数、神話伝説など多岐にわたり、当時の文明の高さを窺い知ることができる。
  • あれこれ語らいつつ親王が聞き出したところによると、唐音をたくみに使いこなすが、男の生れは波斯国のイスファハンだそうで、かつてバグダードにあそんで天文暦数の理を修めたという。 澁澤龍彦『高丘親王航海記』より引用
  • 伝云、孝謙天皇天平勝宝四年五月賀茂朝臣を賜る、天文暦数を掌る、一家両道を兼ねて宝器を保つ、暦道を以て其子光栄に伝へ天文道を以て弟子安部の晴明に伝う、自此己後両道相分つ云々と記述されている。