天文時計

51 の用例 (0.00 秒)
  • 展示品として見栄えが良いことから、様々な卓上天文時計が作られている。
  • ルーアンの大時計はよく知られる14世紀の天文時計であり、大時計通りにある。
  • この時代の天文時計としては普通のものである。
  • ストラスブールの天文時計をモデルとした時計がいくつかあるが、多くは機能を単純化している。
  • 一方、天文時計の場合では星の相を示す線を回転させることは難しいため、通常太陽または月の星相のみが記されている。
  • リヨンにあるサン・ジャン大聖堂にも14世紀の天文時計が設置されている。
  • 同様の伝説はプラハの天文時計についても残っている。
  • また、聖堂内には人の人生を表現したからくり時計「天文時計」が設置されている。
  • コペンハーゲンの市庁舎には完全な形の天文時計があり、ガラス製の展示ケースに入れられている。
  • 天文時計には月の交点の位置を追跡するための文字盤上を横切る長い針をもつものがある。
  • これは天文時計を技術的に洗練したものと世界時計に74片の音板からなるグロッケンシュピールを組み合わせたものである。
  • 窓からストラスブール大聖堂が見えており、天文時計が時を告げるシーンもある。
  • ウプサラ大聖堂の天文時計を描いたものとされている。
  • 有名な「天使の柱」は南の翼廊の天文時計の隣にあり、最後の審判を柱で表現している。
  • また、太陽、月、星々の模型が動く水力駆動の巨大な天文時計も発明した。
  • ソーネスの時計は1人の職人による手作りの芸術品としては最後の天文時計であると考えられている。
  • コンプトゥスなどいくつかの部分は、彼が研究していたストラスブールの天文時計から着想を得ている。
  • 天文時計には普通、天動説に基づいた太陽系があしらわれている。
  • その同じ本の中で、タキ・アルジンは機械式天文時計についても述べており、天体の動きを分刻みで表現する性能を持っている。
  • ツィットグロッゲには15世紀に天文時計が設置された。
  • 次へ »