天文方渋川

10 の用例 (0.00 秒)
  • 江戸幕府天文方渋川春海による貞享2年の改暦によって、全廃された。
  • また、儒学者谷時中の子谷宜貞を召抱えたが、天文方渋川春海と暦に関する論争を起こしている。
  • 当時の天文方渋川景佑は敬直の実父で、敬直自身は書物奉行も兼務していたことから、蘭書の翻訳出版は実質上の天文方の掌握のもとに置かれた。
  • 享保年間の初め頃、算術に優れていることが京都の暦職家である幸徳井家に認められ暦生に推挙されたが、当時、天文方渋川家や土御門家と親交があった遠藤盛俊らの反感を買うことになった。
  • 遠藤盛俊に天文暦道を学び、渋川敬也の死に伴い天文方渋川家の秘伝書を預かる。
  • 天文方渋川景佑の嫡男として江戸に生まれる。
  • 正徳5年4月に伯父である初代天文方渋川春海の嫡男で2代目となっていた従兄の渋川昔尹が子の無いまま急逝し、隠居である春海も病気となった。
  • 第3代天文方渋川敬尹の嫡男として江戸に生まれる。
  • 天保12年には天文方渋川敬直がLindley Murrayの英文法書のオランダ語訳からの重訳『英文鑑』を刊行した。
  • 天明7年、17歳で天文方渋川正清の養子となる。