天文方の渋川

6 の用例 (0.00 秒)
  • 一方で幕府天文方の渋川春海は地球球体説を含む西洋の天文学知識を取り入れていた。
  • 高橋至時の次男で、天文方の渋川正陽の養子となった。
  • 星学局には旧天文方の渋川敬典も任用された。
  • 日本で今日のような天文学の研究が開始されるのは、江戸幕府が天文方を設置して以後であるが、初代天文方の渋川春海は『天文瓊統』において、科学的な天文観測とともに天文道以来の天体と占いの関係についての学説に割いている。
  • 仙台藩勘定方の江志知辰に天文暦道を学んだ後、幕府天文方の渋川春海の門人となり、正徳4年に暦学伝授を受け仙台藩の天文方となった。
  • 文化12年、景保は『ラランデ暦書』の全訳を断念し、代わりに天文方の渋川景佑とその部下足立信頭に『ラランデ暦書管見』の調査を命じた。