天文年間

289 の用例 (0.00 秒)
  • ただし、長教の本格的な活動が見え出すのは天文年間に入ってからである。
  • 天文年間に伊勢内宮の御師佐八氏に祈祷を依頼した書状が残されている。
  • 天文年間に漂着したともいい、或いはもっと後のことともいっている。 柳田国男『山の人生』より引用
  • 築城年代は天文年間1532年から1555年までの間とされている。
  • 或は、慶長年間と書いてあつたり、或は天文年間と書いてあつたりする。 芥川竜之介『煙草と悪魔』より引用
  • 戦国時代の天文年間には、里見氏に帰属していた正木氏の支配下にあった。
  • 史料上に安宅船の名が現われるのは、16世紀中葉の天文年間頃である。
  • 元信は60歳代にあたる天文年間に以下のような大きな仕事に携わっている。
  • 戦国時代の天文年間に一条房基によって土塀に矢狭間が設けられた。
  • この内殿は室町時代の天文年間の造営と見られ、長野県宝に指定されている。
  • 天文年間、布土城主であったと伝えられるが、その経緯は明らかではない。
  • 天文年間に土佐国に渡って程朱学を弘岡城主・吉良宣経に講じたという。
  • 神戸氏4代の神戸具盛が天文年間に築城し、本拠地を澤城から移した。
  • 中世期に淵森と称していた地域のうちから、享禄・天文年間に独立したものといわれている。
  • この継承の時期については諸説ありはっきりしないが、天文年間であることは確実である。
  • 奇しくも同じ天文年間の生まれであり、戦国時代の申し子たちでもあった。 茶屋二郎『遠く永い夢(下)-関ヶ原 戦勢逆転の真実-』より引用
  • たびたび焼失したが、その度に再建され現在の建物は天文年間に再建されたものである。
  • 時代が下って、天文年間には宇野氏が居城していたといわれる。
  • これが享禄年間から天文年間前半の晴久の対外遠征の主たる要因である。
  • 秀吉がまだ子どもの頃だった天文年間には、もう和寇わこうはだいぶ下火したびになっていた。 吉川英治『新書太閤記(六)』より引用
  • 次へ »

天文年間 の使われ方