天文博物館五島プラネタリウム

7 の用例 (0.00 秒)
  • 天文博物館五島プラネタリウムの館長を務めた、山本忍に因んで命名された。
  • 野尻は農民の星の色を見分けた目の良さに感心し、それ以後は天文博物館五島プラネタリウムで解説する際には、平家星・源氏星という名称を使用するようになった。
  • 運営は、財団法人天文博物館五島プラネタリウムが行っていた。
  • 後に村山は天文博物館五島プラネタリウムの館長になったが、佐久間も、そこの幹事役の会に加わって、活動を最後まで助成している。
  • 国立科学博物館理化学研究部長や天文博物館五島プラネタリウムの館長等を歴任するとともに、テレビ出演や公演、文筆などを通して天文普及につとめた。
  • 東京都立工業短期大学卒業後、東京都渋谷区の天文博物館五島プラネタリウムに技術係として就職するが、高校生の頃から天文ファンだったこともあって、解説員も兼ねることになった。
  • 施設は1956年11月24日付けで文部大臣の許可を受け、「財団法人天文博物館五島プラネタリウム」として発足した。