天文博士安倍晴明

5 の用例 (0.00 秒)
  • あの顔見世狂言に登場した天文博士安倍晴明の紋どころも、やはり五芒星であったのではないか。 荒俣宏『帝都物語1』より引用
  • 朝廷、すすんで天文博士安倍晴明を重んじ、源頼光の配下たる鬼退治の四天王渡辺綱らを京都警備のえきにつかせたるも道理なり。 荒俣宏『帝都物語1』より引用
  • おもしろかったのは、妖怪ようかい棟梁とうりようと化する俤姫が、魔物払いの大家として世に名高い天文博士安倍晴明あべのせいめいに、あろうことか恋をしてしまうくだりだった。 荒俣宏『帝都物語1』より引用
  • むろん、陰陽の秘術に通じた土御門つちみかど天文博士安倍晴明あべのせいめいもすでに亡じておりますから、万が一ここで怨霊おんりようたちがよみがえることになれば、それを討ち倒す勇者が見当たりません。 荒俣宏『帝都物語5』より引用
  • ところで、道長を守護するために集まったのは、鎮守府の将軍で鬼神と対決できた唯一の武人源頼光よりみつ、万能の医師丹波忠明ただあきそして僧正の勧修かんしゆうと天文博士安倍晴明であった。 荒俣宏『帝都物語1』より引用