天文単位

165 の用例 (0.02 秒)
  • これとともに、天文単位は観測によって決定される値ではなくなった。
  • そこまでの距離は約一天文単位、つまり一億五千万キロと計器にある。 宇宙英雄ローダン・シリーズ『09 死にゆく太陽の惑星』より引用
  • このままだと、太陽から六万天文単位のところで停止してしまう。 山本弘『神は沈黙せず』より引用
  • 伴星は主星から550天文単位の距離にあるものと推測されている。
  • 主星からは約111天文単位離れており、写真では1秒離れて見える。
  • 数万天文単位《AU》の距離で母恒星を取り巻く、数百億個の彗星核だ。 山本弘『まだ見ぬ冬の悲しみも』より引用
  • その誤差は地球からの距離に比例し、一天文単位につき最大三・三秒だった。 山本弘『神は沈黙せず』より引用
  • は軌道長半径約83天文単位の軌道で太陽の周りを回っている。
  • このため、奇妙にも天文単位がメートルに対して極めてゆっくりと拡大していると表現されることになった。
  • 同様に、天文単位は実際の地球の軌道長半径とは異なり、それよりもわずかに短い。
  • ここに天文単位が天文学で用いられてきた第一の意義がある。
  • この日には地球が元日の時から2天文単位動いたことになる。
  • 天文単位の大きさ A の決定もこのとき同時に行われる。
  • 原始惑星系円盤は、12天文単位の距離まで広がっていると考えられている。
  • オンローの惑星から〇・三天文単位の位置に、超空間チューブが開口したのだ。 古橋秀之『サムライ・レンズマン』より引用
  • これに伴って天文単位の永年変化のような、従来ほとんど無視しうるほどのものであった影響が現実問題になりつつある。
  • この効果により、凍結線外の物質は5天文単位以上太陽に近づくことができなくなる。
  • すなわち、すべての彗星は太陽系から数万天文単位のところからやって来たのだ。 山本弘『神は沈黙せず』より引用
  • この円盤はハッブル宇宙望遠鏡での観測によると数百天文単位の範囲に広がっている。
  • このガウスの単位系は現在でも形を変えて天文単位系と天文単位の概念に引き継がれている。
  • 次へ »

天文単位 の使われ方