天文元年

100 の用例 (0.00 秒)
  • 天文元年、藤王丸を殺害し、自らの息子である朝定を正式に後継者にした。
  • 天文元年6月の飯盛城の戦いで圧勝した証如軍は大和国に侵攻してきた。
  • また天文元年の記述は最初からなく、つまり隆康はこの年は日記を書いていなかったようである。
  • また、綱房は天文元年に鹿沼城の大改築を行い、城を山城から平山城とした。
  • この功績により、天文元年には本願職が改めて許された。
  • 天文元年に始まる尼子氏による美作制圧が進む中で江見氏は尼子方となる。
  • 天文元年、五世住職の日棟が難産で死んだ女の霊を成仏させるという伝承が生まれる。
  • 享禄5年7月には大内記・文章博士になり、翌天文元年には少納言に任じられた。
  • 天文元年の合戦で社殿を焼失したが、天文8年織田信秀により再建されている。
  • 小山田氏が谷村に館を構えた天文元年以前に、帰化朝鮮人のいたという上大幡に近い中津森に館を建てたという。 金達寿『日本の中の朝鮮文化 07』より引用
  • やがて、牧野氏は西三河で勢力を急拡大した松平清康により、享禄2年から天文元年の侵攻で吉田城を奪われた。
  • 天文元年の創建当初は真言宗の寺院だったが、元亀2年に曹洞宗に改宗したとされる。
  • また、天文元年、吉田城を攻めた際、城の西岸・宝飯郡下地において城方と会戦した。
  • 天文元年25歳の若さで妙本寺を継承する。
  • 文安三年、ならびに天文元年までに成立の塵添壒嚢鈔に転載されるなど影響を与えた。
  • その後天文元年には大内義隆に攻められ、城主の星野親忠は戦死し、当城も落城した。
  • 天文元年、伊達家第14代当主・伊達稙宗の八男として生まれる。
  • 永正3年の今川氏親、享禄2年・天文元年の松平清康の吉田城攻めの際にも牛窪城ないし牛久保城は直接攻撃を免れている。
  • 更に天文元年に3度目の破門を受けた。
  • 大永6年から天文元年まで神宮伝奏を務めた。
  • 次へ »