天文シミュレーションソフト

10 の用例 (0.00 秒)
  • 最初の天文シミュレーションソフトは何であるのかについては諸説ある。
  • 以下には、日本国内で知られている天文シミュレーションソフトの代表例を掲載する。
  • 本作は「天体観測」の要素に力を入れており、天文シミュレーションソフトを用いて作成された星空を表示し、星や星座を眺めながら登場キャラクターによる説明が入るという演出を用いている。
  • 本作は天文部を舞台としたラブコメディとなっており、部活動の演出として、天文シミュレーションソフトを用いて作成された星空を眺めながら登場キャラクターによる説明が入る「天体観測モード」が用意されている点が特徴的である。
  • そのため、天体観測地などにおいて観測対象を確認したりするなどの用途では、天文シミュレーションソフトがポータブルに活用できるため利便性が高く、それに対してプラネタリウム設備は、天体現象の分かりやすい解説などによって多くの観客に体験型の教育を行うのに適している。
  • デジタル化された天体観測データやコンピュータの性能の高度化を活かして、これまで天文シミュレーションソフトでは表現の出来なかった、銀河の構造や天体の精密かつリアルなグラフィックスが描けるようになったことを背景に、137億年に及ぶ宇宙の姿をよりリアルに、手軽に再現することを目的に開発されたものである。
  • 天文シミュレーションソフトとは、コンピュータのデスクトップ上に再現されたプラネタリウムのこと。
  • 例えば、パソコンで用いる可視化ソフト、すなわち天文シミュレーションソフトである。
  • 初期の天文シミュレーションソフトは、ケプラーの法則に基づき、ニュートンの方程式によって計算を行い、惑星間や地球 - 月間を航行する宇宙探査機の軌道を描いたり、惑星の軌道を計算することで、ある日の太陽系を北極側から観察できるソフトウエアのようなものであったとする説がある。
  • 近年のコンピューターの進歩や天文シミュレーションソフトの充実は、天文考古学を後押ししている。