天文

全て 名詞
7,388 の用例 (0.01 秒)
  • バーテンが影のように動いて天文の前にビールの入ったグラスを置いた。 馳星周『不夜城』より引用
  • まさか敵の手が天文屋作左衛門にまで廻っているとは気がつかなかった。 新田次郎『武田勝頼(二)』より引用
  • 最初は天文も分らなければ暦も無かつたことは言ふまでもありません。 石川三四郎『農民自治の理論と実際』より引用
  • 表には天文の店、裏には組合の事務所の住所と電話番号が印刷されている。 馳星周『不夜城』より引用
  • その夜、天文と酒を酌み交わし、もうおれのところへは来るなといった。 馳星周『不夜城』より引用
  • 楊偉民はいったん口を閉じて、まだうつむいたままの天文に顔を向けた。 馳星周『不夜城』より引用
  • 準会員は天文学会の目的に賛同し協力する会員であり、資格を問わない。
  • おれは、なんだそんなこと、という顔で天文の視線を受けとめてやった。 馳星周『不夜城』より引用
  • これとともに、天文単位は観測によって決定される値ではなくなった。
  • 天文館の小料理屋で最初に会ったとき、右手に持ってらっしゃいました。 鳥飼否宇『中空』より引用
  • 天文十八年には美濃の立正寺が、将軍に白熊を奉ったという記録がある。 新田次郎『昭和新山』より引用
  • そこまでの距離は約一天文単位、つまり一億五千万キロと計器にある。 宇宙英雄ローダン・シリーズ『09 死にゆく太陽の惑星』より引用
  • だが、今度は周天文の名前を思い出したときほどの時間はかからなかった。 馳星周『不夜城完結編 長恨歌』より引用
  • だれかからうわさを聞きつけたのだろう、天文はおれに会いにやってきた。 馳星周『不夜城』より引用
  • 同じく天文観察占星を基盤とする秘学であるから、両者の類似点は多い。 酒見賢一『泣き虫弱虫諸葛孔明』より引用
  • バーテンが酒を作りだすのを待って、天文は北京語でおれにきいてきた。 馳星周『不夜城』より引用
  • 信玄は大永元年の生れ、謙信は享禄三年の生れ、信長は天文三年の生れ。 海音寺潮五郎『史談と史論(下)』より引用
  • それで周天文に対する呪詛を口にだしてつぶやいていることに気づいた。 馳星周『不夜城Ⅱ鎮魂歌』より引用
  • 天文はそれにはこたえず、まじまじと夏美の顔を見つめているだけだった。 馳星周『不夜城』より引用
  • 少なくとも、動物・植物・天文に関するかぎり、彼の知識は相当なものだ。 中島敦『悟浄歎異』より引用
  • 次へ »

天文 で始まる単語